この記事の内容は、プランク 質量に関する情報を明確に更新します。 プランク 質量に興味がある場合は、この【ミクロの究極】プランクスケールこれより小さいものはないの記事でプランク 質量についてShiba Hirokazuを探りましょう。

【ミクロの究極】プランクスケールこれより小さいものはないのプランク 質量に関連するビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

続きを見る  直流電源回路の構成・原理 | 安定 化 電源 回路に関連するすべての情報

このWebサイトshiba-hirokazu.comでは、プランク 質量以外の他の情報を更新して、より価値のあるデータを自分で取得できます。 ウェブサイトShiba Hirokazuで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しいコンテンツを公開します、 あなたに最も完全な価値を貢献したいという願望を持って。 ユーザーが最も正確な方法でインターネット上の情報を更新することができます。

プランク 質量に関連するいくつかの内容

★単行本「物理はむずかしくない」★ご購入はこちら↓↓ 物理がたまらない! 思ったことを書いています。 ※おまけ動画付き ★動画内容 ミクロの世界を探検して素粒子にたどり着いたけど、その先は? 無限に小さい領域は永遠にあるのですか? 現代物理学では、微視的な終点は明らかです..。 ★関連動画[Black hole]見えないってなんでわかるの? どのようにできるのか[Quantum Mechanics]ざっくりわかる! わかりやすい★前半[quantum mechanics]ざっくりわかる! わかりやすい後半★関連コラム[Memorandum about infinity]数学のアマチュアのための苦労[Black hole]自然は私たちの鼻を掴み、私たちを引きずります★ 物理学が教えてくれた「世界は美しい」デザインのTシャツ発売! ★Instagram @binloji 物理の楽しさと美しさをつぶやきます。 #量子力学 #わかりやすい #宇宙

続きを見る  逆カルノーサイクルの役割とその効率について、わかりやすく解説!【大学の物理化学】 | 逆 カルノー サイクルに関するコンテンツの概要

一部の画像はプランク 質量の内容に関連しています

【ミクロの究極】プランクスケールこれより小さいものはない
【ミクロの究極】プランクスケールこれより小さいものはない

学習している【ミクロの究極】プランクスケールこれより小さいものはないのコンテンツを理解することに加えて、ShibaHirokazuが毎日公開している他の情報を調べることができます。

最新情報を表示するにはここをクリック

プランク 質量に関連するいくつかの提案

#ミクロの究極プランクスケールこれより小さいものはない。

量子力学,わかりやすく,宇宙。

【ミクロの究極】プランクスケールこれより小さいものはない。

プランク 質量。

プランク 質量に関する情報を使用して、shiba-hirokazu.comが更新され、より多くの情報と新しい知識が得られることを願っています。。 shiba-hirokazu.comのプランク 質量についてのコンテンツを読んでくれて心から感謝します。

続きを見る  交流回路(三相交流)の消費電力の大原則 | 最も関連性の高いドキュメントの概要交流 回路 消費 電力

35 thoughts on “【ミクロの究極】プランクスケールこれより小さいものはない | プランク 質量に関連するすべての知識

  1. Fukuo Hashimoto says:

    ミクロの究極に限界がある。
    マクロの限界も人類は知っているのでしょうか?

    楽しいお話 ありがとうございます。

  2. Sv Nappe says:

    この動画には多いに関心が有った、宇宙開闢の頃の
    解説が少ないから!!、小生的には宇宙開闢からプランク時間
    (10マイナス45乗)経過後にこの宇宙がスタートするが
    知りたいのはそのスタート瞬間からプランク時間まで、
    この宇宙はどういう状態だったの??、ブラックホール
    状態?? 統一された4つの力はプランク時間以前には
    存在して無かったの??

  3. BRAH MAN says:

    とても興味深い話を分かりやすく説明して頂きありがとうございました。
    空間に最小の大きさがある事がとても驚きでした。
    あと、それを理論的に導いた人類の英知とそこまで実験で確認した技術も凄いと思いました。
    原子を最小単位とした時も同じ様な感じだったのだと思いました。
    今分かっている物質の最小単位は本当に最小なのですか?
    それともずっと先には今の原子のように過去の最小単位になる可能性もあるのですか?

  4. 広島康生 says:

    ものを見るって事の解説がとても楽しかったです!また更に興味が湧いて来ます!有難う御座います!

  5. 阿部広志 says:

    のもと物理愛さんと連絡が取れませんが、だれか、連絡方法を知りませんか?

    話したいことがたくさんあるのに、連絡が全く取れなくなってしまいました。

    慶応大学理学部大学院卒の彼女がハーバード大学大学院卒の男性とお知り合いのようですが、何か関係があるのかなあ?

    自分のショップを持っているようですが、質問への回答もありません・・・

    彼女と連絡が取れる方、連絡方法を教えてください^^
    超ひも理論信者で、9次元は、神様とキリスト様の3次元+神様とキリスト様と宇宙を結ぶ精霊様の3次元+宇宙(地球があって人類がいる9)3次元で、9次元を説明できると信じていますが、皆さんはどう考えていますか?

  6. jnb digin says:

    太陽系の形は正にトーラス状だね。
    ブランクスケールの世界のミニブラックホールが、原始宇宙の特異点と相似象になってるんだろうね。
    トーラス、メビウスの輪、勾玉、無限大の8の字をエネルギーが渦を巻いて回転し続ける。

  7. ひろちゃ says:

    出てきたものは 観測できないkら 無理無理 限界があるから その先は神w

  8. ひろちゃ says:

    神様がキリスト様 と 精霊様(三位一体)にしか 時間 作れないから・・・安倍総理 意外とかわいだった><

  9. カモミールの森 says:

    「のもと物理愛」探検隊のひろです。このビデオ、とても素敵です!!!「のもと物理愛」にはたくさんありますが、宇宙とか、素粒子とか、物理に興味を持った未来の子どもたちに、最初にこれを観てほしい!

  10. ten1kokukatei says:

    プランクスケール以下の観測できないものは「無い」とする現代科学ですが、将来は、見えない心(意識・愛)を観測できる理論が誕生するかも。仮説ですが、ダークエネルギーは愛の力(エネルギー)かも。

  11. nnm0201 says:

    3分半まで見ておどろきました。本筋から離れた感想ですが、オールトの雲を初めて知りました。私が学校に通っていた頃は、教えてもらってなかったはず。
    知識をアップデートできました。ありがとうございました。
    引き続き観ます。

  12. okaph wiz says:

    全てを究めつくしたら「今回の宇宙はこのようになっていたんだねー。あースッキリした」ってなりそうです。

  13. 笹谷周平 says:

    初コメントです。

    単位系を変えれば物理法則の定数が全部1になるんじゃないの? と、私も高校生のときに考えていました。

    根拠のない期待のようなものでしたが、それを解いた人がいたのですね。

    すごいですね。

    3つの定数以外にも数字が1または綺麗な数字になるような定数があるのでしょうか?

  14. harumachi izayoi says:

    空間、時間そして物質、エネルギーとしての集合体は基本単位が存在しないと存在できない、
    無限に小さいものとすれば、その大きさをたとえるなら、0.00などの小数点が無限に続く、それは0になる無限ゆえに小さい故に、0をどれほど集めててもかけても0のまま、集合体として存在するのはその前提としての最小単位があることをおのずと表している、ように思う、あくまで私見です。
    でも動画わかりやすしきれいなのでいつも見てます。

  15. 奥村久生 says:

    ミクロ世界の究極に、到達出来たのですね。 お話、ありがとうございます。

  16. MUNEMORI HIGUCHI says:

    余分な情報が多く飛躍や省略が多いので聞かなきゃよかった、もう少しちゃんと準備してほしい

  17. 河田陽介 says:

    寂しいね、どう頑張っても、プランクスケールまでしか、我々の物理法則が記述できないのは。
    まだ、解き切っていないから、挑戦は続くんやけど。
    でも、今は、超ひもの長さがプランクスケールより長いなら「よし」ですね。

  18. usami0jp says:

    QEDの大きさから一気に小さ過ぎる。量子力学をここまで演繹できるのか?
    というと、この領域の実験観測値は何も無い。
    唯一、宇宙の始まりの時点の現象しか無い。今現在の宇宙でこの大きさの観測は出来ない。
    QEDの大きさからプランク長まではかなりな開きが有るが、
    物理と言う発信元の立場からすると、この巨大なスケールの広がりについて何も考えなくて良いか、
    というと微妙では無いか。

    Youtubeで解説が多々有るが、超弦理論が正しいという実験結果は何も無く、
    その状態で超弦理論の成果を宣伝すると、一般の人に誤解を与える。
    今この映像ではプランク長の事しか言ってませんが、すみません。

    湯川秀樹先生は素領域という概念を提唱した。
    中西襄先生は強力に高次元理論に異を提唱していた。
    中西襄先生の考えはもっともなところがあると思われ、
    物理学史上、高次元理論が成功した試しは一度も無い、という事は物理学の上では重要な点では無いか?
    宮沢弘成先生も超弦理論には反対してました。
    http://www.miyazaw1.sakura.ne.jp/papers/oldboy.pdf

  19. Zeo says:

    「温度」という概念には、-273℃という最小値がある一方、高温には上限がなさそうです。
    「大きさ」にも、最小値が存在し、最大値には上限がなさそうです。
    なんだか、不思議な気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です