この記事では子ども 主体 の 保育 事例について説明します。 子ども 主体 の 保育 事例を探している場合は、shiba-hirokazu.comに行き、この【保育スキルアップ】主体性を支える保育、4つの誤解の記事で子ども 主体 の 保育 事例を分析しましょう。

目次

【保育スキルアップ】主体性を支える保育、4つの誤解の子ども 主体 の 保育 事例に関する関連情報の概要最も詳細な

下のビデオを今すぐ見る

このShiba Hirokazuウェブサイトでは、子ども 主体 の 保育 事例以外の知識を更新して、より価値のあるデータを持っていることができます。 shiba-hirokazu.comページで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しいニュースを公開します、 あなたのために最も完全な知識に貢献したいという願望を持って。 ユーザーが最も正確な方法でインターネットに思考を追加できるのを支援する。

トピックに関連するいくつかの情報子ども 主体 の 保育 事例

今回は、自立を支える育児の4つの誤解についてお話します。 例えば、「独立って、何をしてもいいの?」などの言葉を知っていても。 りんごの木こども倶楽部が提供する保育と、著者・柴田愛子の言葉を参考に、自立を支える保育とは何かを考えていきます。 また、塩見敏行、生田博智、武藤隆などの研究者の言葉を引用し、自立を支える保育に様々な角度からアプローチしたいと思います。 ※この動画はりんごの木こども倶楽部代表 柴田愛子さんの許可を得て掲載しています。 《白柳保育園》 保育園で働きながら育児の勉強を!白柳保育書房です 皆様の育児勉強の参考や、また専門書を選ぶきっかけになれば嬉しいです[Today’s reference]「じっくり楽しんで大きくなろう」 柴田愛子 @amazonJP 「こどもの会」 柴田愛子、青山誠 共著 @amazonJP 《関連動画》[Tips for thinking]河合駿に学ぶ、これからの保育と教育[Learning from Emile]自分を愛せる人への教育[Upgrading childcare skills]アクティブラーニング #柴田愛子

続きを見る  【超入門】もうCSSの真ん中寄せで悩まない!縦向き編【HTML・CSS コーディング】 | 画像 中央 寄せ htmlに関するすべての情報が最も正確です

画像は子ども 主体 の 保育 事例の内容に関連しています

【保育スキルアップ】主体性を支える保育、4つの誤解
【保育スキルアップ】主体性を支える保育、4つの誤解

あなたが読んでいる【保育スキルアップ】主体性を支える保育、4つの誤解についてのコンテンツを読むことに加えて、Shiba Hirokazuを毎日下に投稿する記事を読むことができます。

詳細はこちら

一部のキーワードは子ども 主体 の 保育 事例に関連しています

#保育スキルアップ主体性を支える保育4つの誤解。

[vid_tags]。

続きを見る  仕事・人間関係「何をやってもうまくいかない」時の過ごし方 | 最も完全な関連コンテンツの概要うまくいかない 仕事

【保育スキルアップ】主体性を支える保育、4つの誤解。

子ども 主体 の 保育 事例。

子ども 主体 の 保育 事例に関する情報がshiba-hirokazu.com更新されることで、より多くの情報と新しい知識が得られるのに役立つことを願っています。。 shiba-hirokazu.comの子ども 主体 の 保育 事例についての記事を読んでくれて心から感謝します。

10 thoughts on “【保育スキルアップ】主体性を支える保育、4つの誤解 | 子ども 主体 の 保育 事例に関する最高の知識の概要

  1. 緒方貞子 says:

    子供の園選びの際、自由度の高い保育をしている園は大変魅力的なのですが、小学校で公立に進むと一気にガチガチの一斉活動を強いられるので、そのギャップが心配で、悩ましいところです。
    幼児教育は多様化しているのに、学童期以降は戦後からあまり変わらないですよね。

  2. さいよう says:

    主体性について、凄くわかりやすくとても参考になり、取り入れたいと思う部分がたくさんありした!
    ですが…これ年案・月案・日案等はどのような物になっているのでしょうか?
    日々の保育で子どもが主体的に発言していくことで流れは変わりますよね?
    それとも、大雑把ーなものなのでしょうか?もしくは全ての可能性を見出して対応ができるようにするとか…
    あと、季節の制作物で「こんな事を体験してこんな事を体験してほしいな」と思った時は環境の設定をすると思うのですが、それは主体的ではない?
    興味がなければまだその時期ではなかった…ということですかね?
    りんごの木さんのミーティングとかは参加したくないといったらどういった対応をとったのでしょうか…
    何か質問ばかりで申し訳ないです。

  3. 山内翔太 says:

    素晴らしい動画ありがとうございます!
    とても分かりやすく、たくさんの学びの機会となりました。
    保育園のスタッフにも今回学んだことを活かして、伝えていきたいと思いました。
    是非いつか保育についてお話しさせていただけら嬉しいなと思いました。
    これからも応援しております。

  4. まーちーくーまーちーくー says:

    わかりやすい説明で自分の保育をするにあたり参考になります。
    若い人たちと子どもを軸に保育を展開するのが難しく感じる時もあります。
    食事のさせ方についての動画をあげてもらえたら助かります。現場で話題になる一つの課題です。

  5. みっちゃん says:

    保育士2年目一斉保育の園で
    今1歳児の担任で担任をしております。
    オムツ替え、手洗い、お給食全員が終わるまで、紙芝居、ペープサートをしながら待たす。その時間が長く自分も苦痛です!        席を立ってしまう子は怒られる。早く起きてしまった子どもはお布団に時間が来るまでいなくてはいけない。
    合同保育の時間は保育士が出した1つの玩具で遊ぶ。
    疑問だらけでした!でも長年の園のルールを入ったばかりの私が変えるのは難しいと思い、席に座らせたりしていました。
    モヤモヤして保育していたのですな、こちらの動画を拝見して
    意識が変わりました!!
    周りがどうであれ、自分がどうゆう保育をしたいのか。
    愚痴を言ってる暇があったら自分自身が勉強して知識をつけていかねばと思えました。
    何から勉強していくか模索中ですが
    1つ決まってるのは、こちらの動画で沢山学ばせて頂きたいので
    宜しくお願い致します☺️
    素敵な動画ありがとうございます。

  6. 愛純 李 says:

    いつもわかりやすく、そして学びの多い動画をあげていただき本当にありがとうございます。私自身、過去に保育士として働いていましたが今は結婚を機に現場を離れ2人の子ども育ています。今でこそたくさん「主体性、個を大事にすることの大切さ」をヒシヒシと感じていますが、やっぱりまだまだ集団を重視した園が多いのかなと思っています。結婚前にカナダの専門学校でレッジョエミリアに出会い、そしてカナダの「個を大切にする保育」というのも学びそして、現場でも感じ、今日本でももっとその部分が大きく取りあげられていってほしいなと、強く願うばかりです。でもなかなか、そういう風に、園じたいが変わるのは難しくまた一から作っていくのも、同じ保育観を持った人にまず出会わないといけないなと、感じております。
    私自身これからそういう場を作っていきたいと思い今はまだまだ勉強中ですが、これからも楽しみに動画を拝見させていただきたく思っています。

  7. 古賀政子 says:

    ベトナム ハノイから拝見しています。ここは欧米の個人主義
    と日本式の保育から学びたいという熱が高いところです。が 前者のそのままのやり方は何かが違うと皆さんは感じています。ローカル幼稚園のカリキュラムについてアドバイスをしています。
    ゆとり教育の提唱の時のように 目だつカリキュラムには飛びつきますが、目の前の子供からという大事な視点が抜けやすくなってしまいます。またこちらの保育士さんの賃金も低い中、コロナ下では無給となり、それでも頑張っている保育士さんたちに向けて、このようなサイトや本を紹介できたらと願います。保育者がまなびたいのに、子供と自分の生活に追われている状態です。続けて、私も このサイトからエッセンスを学び、目の前の子供からと共同で育ちあいのできるカリキュラムを作り上げていきたいと思いいます。オンラインでの保育がここでは始まっています。その中に共働きの親や地域をどう取り込むか、地域と家庭の教育力を上げないとこのオンラインのバーチャル時代を マイナス点をしっかり取れ得つつ、次の知恵にしていくように。バーチャルナ知恵で 
    で終わらせないためにも行動を積み重ねていきたいと思います。

  8. 魏美和子 says:

    いつも楽しく拝見しております。これからも応援します!一つの質問させていただきたいです。
    自分が今勤めている子ども園は自由保育で、登園してきた子どもたちは支度が終えて、自由遊びが始まる。そして降園前に、クラス全員(4歳児、28名)が円になって座って、今日の楽しかったことを発表してもらいます。(「ミーティング」と似ています)。でも、集中して参加している子どもは半分ぐらいしかいない。毎日落ち着かない子どもたち。だから、りんごの木は「ミーティング」する時、何の環境設定をしていることは気にしています。教えていただければありがたいです^_^。

  9. 新里早苗 says:

    今日、初めて動画を拝見しました。とても分かりやすく、勉強になりました。主体的な保育をしましょうと言われますが、まずは、職員が主体的に保育ができる環境をつくらなければ、ならないな・・・と、保育の改善を試行錯誤しています。
    主体的な保育は、個を尊重するとともに、集団が個を育てる側面もあります。個から集団へ(ちょうど2歳児の発達ですね)両方とも大事にしながらこどもたちに携わっていきたいなと思いました。集団というよりも協同ですね。
    他の動画もこれから拝見します。ありがとうございました。

  10. 高橋登志江 says:

    金子みすゞのみんな違ってみんないいと教えながら、集団に合わせられないと、個を尊重してくれない小学校。だから発達障害グレーな子を増やしてる。その中の子が我が子。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です