記事の情報は水素 の 集め 方について書くでしょう。 水素 の 集め 方を探している場合は、shiba-hirokazu.comに行き、この【水素はダメ】製造法・コスト・CO2削減効果を検証→結論:水素は「金持ちのお遊び」!それよりも世界中の人々に電気を!の記事で水素 の 集め 方を分析しましょう。

目次

【水素はダメ】製造法・コスト・CO2削減効果を検証→結論:水素は「金持ちのお遊び」!それよりも世界中の人々に電気を!の水素 の 集め 方に関する関連情報を要約します

下のビデオを今すぐ見る

このShiba Hirokazu Webサイトでは、水素 の 集め 方以外の情報を更新できます。 ShibaHirokazuページで、私たちは常にあなたのために毎日新しい正確なニュースを更新します、 あなたに最も完全な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上のニュースをできるだけ早くキャプチャできるのを支援する。

水素 の 集め 方に関連する情報

水素は気候変動と戦うのに役に立たない。 費用と便益を知り、賢くなりましょう。 1:05 電気分解 2:26 天然ガスからの分離 3:20 オーストラリアの褐炭から 4:28 水素発電 4:56 水素自動車 5:51 電池の代わりに水素 6:41 効果 8:39 水素はエネルギー源ではない 9: 59 水素よりも電気を届けよう ↓ 参考資料 ↓ 電気分解 福島電解槽 天然ガス分離 天然ガス分離 電源別発電コスト オーストラリアの褐炭 水素価格目標 水素発電 水素発電コスト 水素自動車 水素補給価格 ガソリン価格 ガス本数蓄電池のコスト 蓄電池と水素貯蔵のコスト比較

続きを見る  【圧倒的】質 vs 量 ←大切なのは、完全に「量」です【鬼作業セヨ】 | 質 と 量に関連するコンテンツをカバーします

水素 の 集め 方のトピックに関連するいくつかの写真

【水素はダメ】製造法・コスト・CO2削減効果を検証→結論:水素は「金持ちのお遊び」!それよりも世界中の人々に電気を!
【水素はダメ】製造法・コスト・CO2削減効果を検証→結論:水素は「金持ちのお遊び」!それよりも世界中の人々に電気を!

あなたが見ている【水素はダメ】製造法・コスト・CO2削減効果を検証→結論:水素は「金持ちのお遊び」!それよりも世界中の人々に電気を!に関するニュースを見ることに加えて、ShibaHirokazuが毎日下のShiba Hirokazuを公開する他のコンテンツを読むことができます。

詳細を表示するにはここをクリック

水素 の 集め 方に関連するキーワード

#水素はダメ製造法コストCO2削減効果を検証結論水素は金持ちのお遊びそれよりも世界中の人々に電気を。

水素,気候変動,カーボンニュートラル。

【水素はダメ】製造法・コスト・CO2削減効果を検証→結論:水素は「金持ちのお遊び」!それよりも世界中の人々に電気を!。

水素 の 集め 方。

続きを見る  【高校化学】濃度計算①(いろいろな濃度)【理論化学】 | 化学 基礎 モル 濃度に関連する一般的な情報が最も正確です

水素 の 集め 方についての情報を使用すると、ShibaHirokazuが提供することを願っています。。 shiba-hirokazu.comの水素 の 集め 方についての知識を見てくれて心から感謝します。

25 thoughts on “【水素はダメ】製造法・コスト・CO2削減効果を検証→結論:水素は「金持ちのお遊び」!それよりも世界中の人々に電気を! | 水素 の 集め 方に関連する情報の概要最も正確

  1. rai tki says:

    脱炭素は科学では無く政治的な話です。
    この一年で完全に水素が主流になりそうな流れです。
    科学の話では、現状その通りでしょうが実態がEUのエネルギー失策で水素に欧州がひっくり返しました。
    日本とアメリカはすでに水素で邁進しています。

  2. Jade Helm says:

    現状では仰るとおりだと考えていますがそれを技術革新として客寄せする国産メーカーが存在しています。
    生き残り戦略なのか無駄な夢を与えるのは悪でしかないと感じています。
    水素より減税が今の日本には必要でしょう。

  3. von Berlichingen Goethe says:

    燃費を間違えている。
    水素1kgを1200円くらいとして、ミライが100km走るのに必要な水素代は800円弱だ。
    一方、ガソリン車の燃費を15km/L走るとし、ガソリン1Lが150円としたとき、ガソリン車が100kmを走るのに必要なガソリン代は1000円だ。

    現在でも水素燃料車の方が燃費は安い。
    将来は、ガソリンは資源枯渇により価格が上がって行くだろうから、リッター150円でも苦しくなっていく。
    一方、水素の方は、生成方式や運搬・貯蔵方式において各種の省エネ技術が既に出現している状態であり、将来的には3分1から4分の1くらいに値段を下げることが可能だと言われている。

    また、水素の製造法について、熱で水を直接分解する方法を忘れている。
    この方法は、太陽光を電気に変えてから電気分解をするという複数段の過程を経ないため、高効率だ。
    太陽光で物を熱することは、ほぼ100%の高効率で行うことができる。
    だから、IS法などは40%の高効率を現在でも実現できていて、将来的には50%以上の高効率で太陽光エネルギーを水素に変換できると言われている。

    よく調べずに「金の卵」となる技術をつぶすのでは、悪質な煽り行為だ。

  4. 鷹司隆二 says:

    おいおい❗
    今頃何言ってる。
    環境負荷や脱炭素の目標で世界はベクトルをあわせてる。
    資源消費型を資源発生型に変換するんだろう‼️
    文明の進化の基盤エネルギーを資源消費型(炭素結合分子)から環境負荷のない無資源消費型(水素)に代えないと地球や自然環境がもたない❗

    太陽は三重水素とトリチューム(重水素)から核融合でHeとエネルギーを生成する。
    これが核融合発電である。
    少し本質がずれてませんか⁉️
    ベース電源としてこれが安定的に得られれば、EV車は少なくとも「充電に関してはエコ面して全然エコじゃないなんて言われない。」
    しかしEV 車は新車のバッテリー完成までにガソリン車10万キロ走行分のCo2を先に消費しており最低でも20万キロ走行しないとエコ車にはならない。
    リチウムイオン系は10万キロ過ぎると劣化が激しく寿命を迎えトンチンカンな事になっている。
    べき論ばかり言ってないで、今は文明社会の大きな変革期の時代知恵絞って協力したら‼️

  5. MsSky009 says:

    知ったか君、君の持論に未来は無いよ、
    川崎重工やトヨタが問題をどんどん解決していますね。

  6. 首こりぱねぇ says:

    より良い調達方法などはないか考えてる研究者の努力を金持ちの遊びというのはいささか言葉が過ぎるのでは?
    このような動画を出すのなら、現在のエネルギー事情を全て解決する答えを提示してほしいです。

  7. ひこくん says:

    要はコストが下がれば水素が使えるということだね。

    温暖化対策は待ったなしなので、いろんなエネルギーミックスで対応しないと間に合わない。

  8. sei sei says:

    ちかごろの くそ日本は  コストを考えて行動すると  批判されるんだぜ だって~~~ コストの高いものを考えると補助金もらえるんだもん  笑
    どうにかして 国民を 貧乏にしたいんだぜ  ようするに 全部二酸化炭素を捕集しても だめだと いうのがいるんだぜ  ふん 小泉だろ

  9. sei sei says:

    世の中には コストが 高いほうが 喜ぶ やからが いるってことでしょ

  10. sei sei says:

    小型原子力  作れるんだろ  なら  船に乗せて 発電船を  つくれよ  これから 電気船で  あっち こっち いけるぞ 便利だぞ

  11. のらねこ says:

    水素が良いのは貯蔵できるからでは?自然エネルギーで水を電気分解して水素にすればいつでも使えるでしょ。
    電気のままだと貯蔵できない。いったん水素を経由することにより自然エネルギーでも安定した電力供給が行えるってことでは。

  12. ザカリテ says:

    内容にとても興味ありますが、エコーがかかり聞き取りづらい。マイクを変えてくれるとありがたいです。

  13. 佐々木秀利 says:

    水素がダメの理由はわかりました。
    では、効率的に何を利用するのが良いか理解できませんでした。
    その辺も教えていただくとありがたいです。

  14. 栗林 says:

    今のままだと水素の調達は効率あんまよくないのよね~

    そこはこれからの課題!

  15. sada says:

    水素は「金持ちのお遊び」というなら、充電池は、「金持ちのお遊び」も言うべきだな。

  16. sada says:

    太陽光発電→充電電池
    これが、太陽光発電→水素

    車には電気自体は積めないのです。充電池が必要です。
    充電池を水素に変えて使うわけです。

  17. sada says:

    電気自動車は製造コストが高いので非経済的だと言われていたが、今は日産の「さくら」は大人気じゃないか。
    水素自動車も、普及すれは製造コストは大幅に下がるだろう。
    「今がすべてではない」、「今が絶対ではない」。

    電気自動車の例を見るべきだ。

  18. nadeshiko_japan says:

    「炭素取引」というビジネスモデルに群がる企業とそれを支援する国家と国際機関・・・
    果たして温暖化の原因が「CO2」なのか?
    科学者の皆様に聞きたい、その話絶対間違っていないのか?

    都会を歩いていて思うのですが。。。そもそも大気中に温かいものを排出すれば大気も海水も温まる。
    CO2出ないからって暖房使えば温度は上がる、その上昇した温度は何処に消えるんだい?
    原発だってCO2出ないけど日々海水を温め続けるし、発電した電力で暖房すれば熱は出て大気を温める、
    船も自動車も温まったエンジンは熱を出し大気や海水を温める。

    CO2の地球温暖化効果というより、そもそも熱を出しすぎではないのかい?
    何かが間違っている・・・・朝日とか毎日とかリベラルな評論家が声高に叫べば叫ぶほど胡散臭さだけが際立つ。

    過去半世紀。。。彼らの主張は理想であろうがそれを実践しなかったからこそ今の平和と安定があるのではなかろうか?
    彼らの主張は聞こえは良いが「出来もしない理想を掲げる宗教団体」とどこが違うのだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です