この記事では、図形 問題に関する情報を明確に更新します。 図形 問題について学んでいる場合は、この【解き方のセンスを試される問題】あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題【中学受験の算数】の記事でShiba Hirokazuを議論しましょう。

【解き方のセンスを試される問題】あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題【中学受験の算数】の図形 問題に関する関連情報の概要最も正確

下のビデオを今すぐ見る

続きを見る  【中学数学】平方根・ルートが誰でも分かるようになる動画 2-1【中3数学】 | ルート 中学生の最も正確な知識の概要

このShiba Hirokazu Webサイトでは、図形 問題以外の知識を更新して、自分自身のためにより便利な理解を得ることができます。 Webサイトshiba-hirokazu.comでは、ユーザー向けの新しい正確なニュースを絶えず更新します、 あなたに最も詳細な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も正確な方法でインターネット上の知識を更新することができます。

図形 問題に関連するいくつかの情報

#中学受験 #算数 #グラフ[Difficulty: ★☆☆☆☆]2018年度聖心中学校入試問題です。 ▼解決のポイント① まずは、ご希望のパーツの形状をお聞かせください。 これは三角形なので、面積を求めるには底辺が6cmあれば高さが不明であることが確認できるはずです。 ②ここから、解決策は2パターンあると思います。 1つは①で欲しい部分の三角形の高さを求める方針、もう1つは高さを出さずに共通部分の特徴を利用して面積を求める方針です。 この解法では、共通部分の解法で解いてみました。 以前にも同様の質問をしたことがありますが、これは完全な復習です。 前回と同じ問題が解決されていれば、この問題は簡単に解決できたと思います。 「共通部品」「同じ形」の特徴について理解を深めましょう。 ▼manavisquareの各ページはこちら ・HP ・manavisquare(オンライン家庭教師プラットフォーム) ・twitter ・菅戸祐太のtwitter ▼お気軽にお問い合わせください! kikaku@mnsq.jp

続きを見る  【高校数学】 数B-113 正規分布② | 関連するコンテンツ正規 分布 問題を最も正確にカバーする

図形 問題の内容に関連する画像

【解き方のセンスを試される問題】あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題【中学受験の算数】
【解き方のセンスを試される問題】あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題【中学受験の算数】

読んでいる【解き方のセンスを試される問題】あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題【中学受験の算数】に関する情報を表示することに加えて、ShibaHirokazuを毎日下のShiba Hirokazu更新するコンテンツを読むことができます。

今すぐもっと見る

図形 問題に関連するキーワード

#解き方のセンスを試される問題あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題中学受験の算数。

算数,小学生,中学受験。

【解き方のセンスを試される問題】あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題【中学受験の算数】。

図形 問題。

図形 問題についての情報を使用すると、ShibaHirokazuが提供することを願っています。。 ShibaHirokazuの図形 問題についての記事に協力してくれて心から感謝します。

続きを見る  HCF & LCM of any number hack- GCSE Maths Calculator | 公約 数 計算機に関連する知識をカバーします新しい更新

35 thoughts on “【解き方のセンスを試される問題】あることに気づくだけで簡単に解ける図形問題【中学受験の算数】 | 図形 問題に関連する知識をカバーします新しい更新

  1. ちゃちゃまる says:

    Bを原点に置いた座標平面で考えれば、
    BD:y=0.5xでEF=2よりED=4が出ますね。
    あとはFC•ED•0.5=6•4•0.5=12(cm^2)

  2. Tom says:

    ED=4cmはすぐに分かったけど、△ECDの面積ー△EFDの面積という面倒くさい解き方をしてしまった。
    なぜ、CF×ED÷2が思いつかなかったんだろう😅

  3. 服部浩行 says:

    サムネのみでの解法です。相似だらけですね。
    長方形の左上から頂点を時計回りでABCDとする。右上の出っぱった頂点をE、DFとBCの交点をFとする。

    CD//AEより
    △CFDと△BFEは相似(2角相当)
    BF=2,FC:CD=1:2より
    BE=4
    △CFE=6×4×1/2
    Ans.12㎠
    と解きました。

  4. さすこじ says:

    Dから垂線下ろして直角三角形を作って、FBCとの比で長さを求めました。

  5. hitomi ・ says:

    △DEF と△BCFの相似を使って、解きました👍️
    アプローチの仕方を色々知れて🙆先生からもコメントされている皆さんからも😆🍀

  6. Ryoji Takei says:

    これは解ける人が多いと思いますが、色んな解法が出来そうで別の意味で面白いですね。
    とりあえず補助線無しで考えられそうなものをいくつか。
    1.△BCF ∽ △DEF より、CF : EF = BC : ED ⇒ 6 : 2 = 12 : ED となり、ED = 4、よって△CFD = 底辺(6) × 高さ(4) ÷ 2 = 12
    2.△DAB ∽ △DEF より、AE : ED = AB – EF : EF ⇒ 12 : ED = 8 – 2 : 2 となり、ED = 4、以下1.と同じ
    3.△BCF ∽ △DAB より、BC : AD = CF : AB ⇒ 12 : AD = 6 : 8 となり、AD= 16、よって ED = 4、以下1.と同じ
    4.△CFD = △BCD – △BCF = 48 – 36 = 12 ※相似を使わず簡単でいいですね
    5.△BCF ∽ △DEF の相似比3:1より、BF : FD = 3 : 1 よって底辺の比より求める三角形の面積は△BCDの 1/4 なので、48 × (1/4) = 12
    あえて回りくどい方法を考えるのも面白いですが、ED = 4 がわかった時点で求める三角形は底辺と高さがわかっているため、以降を変えるのは別解というよりは不要な遠回りなので省きました。

  7. rickdom2011 says:

    今回の問題は△BCDも△BCFも直接面積を求められるので、1も2も解法としては無為に複雑化しており不必要に感じる。CFの長さが与えられていない場合も想定しているのだろうが。。。

  8. Roger Hoshino says:

    FC=6㎝を伏せてDE=4㎝を与えた方が頭を使わせられたと思います。FC=6㎝を与えてしまうと、殆どの生徒は普通に高さ8㎝の三角形の面積から高さ6㎝の三角形の面積を引いて求めてしまうので、EFやDEを求めさせる方向には誘導しにくいと思います。

  9. すーま says:

    答えは出ますが、出題者の意図を理解し手数(過程)がなるべく少なくてシンプルな解法がいいと思いますねぇ
    一番イイねが付いてるコメントへの反応が楽しみです😆笑

  10. p mako says:

    長方形面積ABCEから台形面積ABEFを引く=⊿BCFの面積
    ⊿BCDの面積から上のBCFの面積を引けば終わり
    長方形も台形も三角形の面積も事前データからすぐ出る。

  11. 村上健太 says:

    y=1/2xとy=8の交点のx座標は16なので斜線部の三角形の高さは16-12=4となり、求める面積は6•4•1/2=12

  12. 村上健太 says:

    y=1/2xとy=8の交点のx座標は16なので斜線部の三角形の高さは16-12=4となり、求める面接は6•4•1/2=12

  13. 村上健太 says:

    y=1/2xとy=8の交点のx座標は16なので斜線部の三角形の高さは16-12=4となり、求める面接は6×4÷2=12

  14. comking3 says:

    台形から△二つを引くだけでいいだろ。
    解法2はわざわざ難しくしてないか。

  15. わんだあ says:

    △BDC-△BFCでやってしまった・・
    12×(8-6)÷2=24÷2=12平方センチメートル・・
    底辺×高さ÷2が頭に浮かんでしまい・・同じ底辺から差分だけを取ってしまいました^^;;

  16. シルバーシートルズ says:

    12×8×1/2ー12×6×1/2=12×(8-6)×1/2=12×2×1/2=12。めでたし。めでたし。瞬殺でした。

  17. patrick@bumblebee says:

    やっぱりコレって△BCDから△BCF引く派と、相似比でDE求める派で割れるのかね?

  18. ついてるありがとう says:

    自力で解けたー🎵
    ゲームするよりスッキリ✨
    数学楽しーい\(^-^)/

  19. たま says:

    △BCF∽△DEFで辺CFと辺EFに着目して相似比3:1だから辺DE=4。あとは△CDFの底辺がCF=6、高さがDE=4より6×4÷2=12でいけますね。
    中3生と違って相似に慣れていない生徒が多いので「リボン型の相似」などと印象づけて教えるところがヤマかと。

  20. ちょく says:

    △BCDの面積(12×8÷2=48)から△BCFの面積(12×6÷2=36)を引くだけでいいんじゃないの?変に難しくしてませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です