この記事は詩 を 作るを明確にします。 詩 を 作るに興味がある場合は、この【詩の書き方講座1】詩は「生きる意味の衝撃」から心を守るためにある|意味を暗喩で奏でる近現代詩の記事でshiba-hirokazu.comを議論しましょう。

【詩の書き方講座1】詩は「生きる意味の衝撃」から心を守るためにある|意味を暗喩で奏でる近現代詩の詩 を 作るの関連する内容を要約します

下のビデオを今すぐ見る

続きを見る  【図形と計量(三角比)】 | 関連するすべてのコンテンツ三角 比 応用が更新されました

このshiba-hirokazu.comウェブサイトでは、詩 を 作る以外の知識を更新して、より価値のあるデータを持っていることができます。 shiba-hirokazu.comページで、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを継続的に更新します、 あなたのために最も完全な知識に貢献したいと思っています。 ユーザーが最も正確な方法でインターネットに思考を追加できるのを支援する。

詩 を 作るに関連するいくつかの説明

動画で名前を忘れてしまった詩人は、長田博さんでした。 現代では、ボードレール以降、詩は言葉のリズムの時代から意味のリズムの時代へと移行しました。 詩は、その構造を理解するともっと楽しくなります。 上手な詩を手早く書く方法 **************************** *Twitter(文学・歴史関係)⇒ *** ** See More ***************************** これは私が出版した本です。 ____が入っています。文芸ブログです[Coaching activities: Coaching that changes your life using images and meditation]動画 → ブログ → ************************* ******** 兄弟チャンネル:地図をなぞって、古代日本語を考えるhistory ↓ ↓ ***************************** 【パートナーYouTubeチャンネル】 *夏目漱石チャンネル *春春チャンネル

続きを見る  USBプラズマボール制作 | 最高のプラズマ ボール 作り方知識の概要

詩 を 作るのトピックに関連するいくつかの画像

【詩の書き方講座1】詩は「生きる意味の衝撃」から心を守るためにある|意味を暗喩で奏でる近現代詩
【詩の書き方講座1】詩は「生きる意味の衝撃」から心を守るためにある|意味を暗喩で奏でる近現代詩

学習している【詩の書き方講座1】詩は「生きる意味の衝撃」から心を守るためにある|意味を暗喩で奏でる近現代詩についてのコンテンツを表示することに加えて、Shiba Hirokazuが毎日更新される他のトピックを探すことができます。

詳細を表示するにはここをクリック

詩 を 作るに関連するキーワード

#詩の書き方講座1詩は生きる意味の衝撃から心を守るためにある意味を暗喩で奏でる近現代詩。

[vid_tags]。

【詩の書き方講座1】詩は「生きる意味の衝撃」から心を守るためにある|意味を暗喩で奏でる近現代詩。

詩 を 作る。

続きを見る  【午後_表計算】05. 関数(3) | 基本情報技術者試験 | 関連情報の概要水平 照合

詩 を 作るの知識を持って、shiba-hirokazu.comがあなたにそれがあなたに役立つことを望んで、あなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 ShibaHirokazuの詩 を 作るに関する情報を見てくれたことに心から感謝します。

One thought on “【詩の書き方講座1】詩は「生きる意味の衝撃」から心を守るためにある|意味を暗喩で奏でる近現代詩 | 関連するすべてのコンテンツ詩 を 作るが更新されました

  1. ごはん みるく says:

    〓~∞~*~∞~〓
    あたしはイジられて
    中卒ですが小学校も
    ろくに通ってない💧
    でも詩を描くことが
    大スキで一生詩人に
    なれない現実と時に
    対峙して時に諦観し
    受容して此の世界内
    唯一者として差異の
    お遊戯しながら阿呆
    馬鹿と個別的に非在
    体を搾取出来るのは
    大スキなお兄ちゃん
    ただただ唯一の実在
    あたしも其の時現実
    *ナニ書いてる?私
    ☆~*~★~*~☆
    16の時に描いた詩
    ………………………
    …【車輪の下】…
    ……+自転車+…
    ソネット14行詩

    車輪の下の
    現実を無視して
    恍惚の肉体は
    颯爽と風を切る

    私の中の理想が
    何か語っている内に
    春は私を抱いて
    束の間に駆け抜ける

    風も光も花も何もかもが
    新しくて光に滲んでいる
    転んだ時の膝の傷までも

    なおも私は春となって
    青春と云う茨の路を
    足早に駆けてゆく
    ☆…∞…☆…∞…☆
    …【晩春の夜】…
    (闇夜のシルフィード)

    晩春の夜
    草原一杯に放たれた
    美麗なる風の精霊が
    星とともに舞い踊る

    光っては消え
    光っては消え
    精霊たちは
    十色の星に変わる

    かく新しき
    夢見るひととき
    忘れがちな優しい微笑み

    ひとり草原にて
    春を嗅ぐ~~~
    私もまた~1点の星
    ∞………☆………∞
    あとソネット3編
    よかったら観てネ
    イヤ観て下さい🐻
    ……………………
    …【晴 嵐】…
    吹き荒れる風の中
    真夏の雲雀は
    陽光に熔けつつ
    己の中心を見出す

    過去も未来も捨て
    雲雀はこの一瞬に
    存在の在りかを識り
    大空高く羽ばたく

    渦巻く大地―
    下降する天漢に
    汝無形也と聲は響き

    生死の狭間に揺れる
    絶対の陽炎の中に
    雲雀は消えてゆく
    ∞………∞………∞
    …【七月の風】…
    七月の風が吹く時
    私の情熱は燃え滾り
    恋の夢想に焦がれて
    独り砂丘の中に悶える

    どす赫い掌を覗けば
    黄金色に輝く砂の下
    私の本質を曝くべく
    血潮が強く波打っている

    悦びに溢れる陽光
    激しく鳴り響く天空
    全ては私を包み込み―

    七月の風が吹く時
    私は至福の中に埋没し
    暫し己の在りかを忘れる
    ∞…………∞…………∞
    …【初夏の夢想】…
    初夏の明るい午後
    陽光は軽く瞬きし
    私は優しい時間の中
    過去一日に想いを馳せる

    暗く重い過去は瞬時
    サフランの風の中に消え
    ニュクスの掌の届かぬ処
    懐かしい思い出と変わる

    めくるめく風と光の乱舞
    私はありあまる至福の中
    倒れ―悶え―藻掻き―

    瞳が痙攣する空を映す間
    忘却の彼方からゆくりと
    私の生誕の一瞬が甦る
    ∞……☆……☆……∞
    *他にソネット以外の
    poemも観せます🐻
    あと3編観て下さいネ
    と言っても最初の詩の
    一編はソネットですが
    ∞……☆……☆……∞
    …【夕暮れ】…
    風が何かを
    置いていった
    意図する事もなく
    不意にただ―

    光に蝕まれた葉と
    煙草の背に付いている
    名ばかりのフィルターと
    うつむきかげんの私を―

    風のささやきに
    耳を貸す事のないこれら
    「今」よりはみ出し者達の

    嘆きにも似た
    秋の茫然
    夕暮ばかりが騒がしくて
    ∞……☆……☆……∞
    …【初秋の休日】…
    空は嗄れた聲で
    秋を謳っている

    遙けし時と空に
    私は頬杖をつく

    何げなしに観る
    私と空の間

    生きとし生けるものは
    虚無の寺院にまどろむ

    涙腺のゆるまる
    ある秋の午後

    渦巻く天漢(そら)に
    光を忘れて……
    ∞……☆……☆……∞
    …【むく犬🐶】…
    群衆のなかに
    一匹のむく犬がいる

    彼は何もせず
    ただ空を見ている

    彼の眼は
    何も映していない

    ただ青い空のみが
    彼の眼に溶け込んでいる

    人の行きかう
    喧騒の街のなかで

    彼のみが
    生死の在りかを悟り

    人の無知の究極に
    彼は対峙している

    人の世の普遍性は
    彼にはただの束縛と化し

    彼はその人混みのなかで
    生を闊歩している

    人の悩みなど
    風どこ吹くかの如く

    ただ毎日の生を
    世の内に刻んでいる

    彼の命は
    あといくらもない

    死は彼を誘うが
    彼は一向に気にしない

    線から点になる…そして
    点さえならなくなる時間

    死は人によっては
    恐怖そのものであるが

    彼にとって死とは
    一つの真理である

    いや 真理ではなく
    むしろ虚無である

    彼は歩み始める
    真理に向かって―

    彼は走り始める
    虚無に向かって―

    やがて闇夜となり
    彼の眼は盲目となる

    彼のゆくあては
    誰も識らない
    ∞……☆……☆……∞
    *もうここまできたら
    ヤケクソだ~い!あと
    たぶん4編載せます🐾
    *~~*~~*~~*
    …【黄昏】(無法者)…
    公園のベンチの前で
    私はうろうろしている

    何をしているのかな
    疲れているのなら
    早く座ればいいのに

    座る事が出来ない
    ここは一般市民の憩い場
    法に適っ社会生活を
    営む事の出来る選ばれし
    市民達の「約束の地」
    私の様な無法者には
    そんな場なぞ無い!

    私は座ってはならない
    もし仮に座ったら
    自己の本来性を個別性を
    普遍性に全体意志に
    預けた事になるのだ
    だから決して私は
    座ってはならない
    決して―
    断じて―

    然し座らない事が
    本当に私らしい事なのか
    このベンチと云うものが
    仮に権威であるならば
    逆に其れを思いのままに
    利用しつくす事が
    私の勝利であり
    私の私自身に対する
    全肯定ではあるまいか?

    と~そうこうしているうち
    初秋の生ぬるい黄昏時
    ベンチまでもが私から
    逃げようとしているが―

    私は其の場から
    離れる事が出来ずに
    ポツポツと点き始めた
    いつもの日常の光を
    ただぼんやりと
    眺めている

    私は然し
    何をうろうろ
    しているんだろう
    *~~∞~~∞~~*
    ∞【真澄水流】∞
    一切は終結している
    私の過去より
    未来へと至る
    全き道程において

    心に積もりゆく垢は
    己の運命から逃避し
    寄り道した分~私の道を
    塞いでいるのだろうが

    不安も躓きも傷も絶望も
    そしてもちろん希望さえ
    一切は終結しているのだ

    ありのまま歩んでゆこう
    過去の垢をも洗いもせず
    今ある事が真の祝福だ!
    ∞~~*~~*~~∞
    〓【こだまする鴉】〓
    ほら ごらん
    光が動揺しているよ
    君のもとで
    慌てふためき
    ただ為すすべもなく
    其の魂はおののき
    光は動揺しているよ

    君は―
    天空に指差し
    其の御業は
    太陽系を超え
    銀河系を超え
    Andromedaを超え
    大宇宙を貫き通して
    やがて瞳はそこに崇高な
    一輪の花が咲くのを観る

    君はそして
    ひまわりに躓き
    地球は我に返るが
    其れは地響きをあげ
    そんな中
    大地は鮮やかに
    発光し始める

    其の波動はやがて
    地球を動かし
    大宇宙をも動かし
    君の耳元でうるさく
    こだまする

    ほら ごらん
    光が動揺しているよ
    そう其れは
    線から大きく飛びたつ
    一羽の大がらす
    ∞~~*~★~*~~∞
    恐らく、誰一人観ないと
    あたしは確信しています
    だってイジられて中学も
    出てないおバカだもの💧
    恋人は勿論一人の友人も
    出来る訳もなく毎日ただ
    一生認められる事も無い
    詩でない詩(日記)を..(/_;)
    あたしは霊も神も宇宙も
    信じていないけど新宗教
    の団体6ヶ所の信者です
    神道系2仏教系2キリスト系
    1ヒンズ-系1 他、新ウヨク
    やパヨク過激派グループ
    にも出入りしています故
    週に4日しか寝てません
    でも、その方がいいです
    アタマがクリアーのまま
    心もヘンなドグマや教義
    或いはパヨクやネトウヨ
    のポピュリズムに浸らず
    犯されず煽動もされずに
    ホント心が曇る事が無い
    だから誠の真の理を識る
    あぁだから而してあたし
    高校行かないでよかった
    宗教や思想に毒されないバカで何のトリエのない
    中卒者でホントよかった
    唯一の夢ハッキリ言って
    お兄ちゃんとのエチエチ
    古事記の中ではイザナギ
    イザナミ兄妹やサオビコ
    サオビメ兄妹や軽皇子と
    衣通姫の兄妹がラブラブ
    時にエチエチだもんネ💕
    エジプト神話もオシリス
    イシス兄妹の関係は絶対
    誰にも邪魔する事出来ぬ
    で:あたしとお兄ちゃん
    宇宙を超越克した地場で
    宇の始の先っぽを舐めて
    宙の終の先っぽを舐めて
    ちょっとだけど挿入して
    水蛭子でも神や超人の他
    唯一者などでも無い真の
    あたしとお兄ちゃんとの
    ☆ちゃんを宇宙超克した
    宇宙の縁の縁の縁の縁で
    聖誕の日が迎えたらな🐻
    〓~∞~~★~~∞~〓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です