記事の内容はイギリス と アメリカ の 関係について説明します。 イギリス と アメリカ の 関係に興味がある場合は、この【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】の記事でshiba-hirokazu.comを議論しましょう。

目次

【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】のイギリス と アメリカ の 関係に関する関連するコンテンツの概要

下のビデオを今すぐ見る

このShiba Hirokazu Webサイトでは、イギリス と アメリカ の 関係以外の知識を更新して、より便利な理解を得ることができます。 WebサイトShibaHirokazuでは、ユーザー向けに新しい正確な情報を常に投稿しています、 あなたに最も詳細な価値を提供したいと思っています。 ユーザーがインターネット上の情報を最も完全な方法で更新できる。

続きを見る  聞き流し【中学3年間の英単語】不規則動詞98語 リズムに合わせ、聞く→練習する | 不 規則 動詞 一覧 高校に関連するすべての知識が最も正確です

トピックに関連するいくつかの内容イギリス と アメリカ の 関係

動画をご覧いただきありがとうございます! これからも馬渕睦雄さんのお役立ち情報を切り出していきますので、チャンネル登録よろしくお願いします!フルテロップでわかりやすく #馬渕睦夫 #元ウクライナ大使 #ウクライナ #裏話 #ひとりがたり

イギリス と アメリカ の 関係に関する情報に関連する画像

【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】
【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】

読んでいる【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】に関する情報を表示することに加えて、ShibaHirokazuを毎日下のShiba Hirokazu更新するコンテンツを読むことができます。

最新情報を表示するにはここをクリック

続きを見る  カフェで勉強することについて、飲食店店員が考えてみる | 最も完全な喫茶店 勉強 迷惑コンテンツの概要

イギリス と アメリカ の 関係に関連するいくつかの提案

#馬渕睦夫アメリカがイギリスに逆らえない裏話切り抜き未来ネット。

[vid_tags]。

【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】。

イギリス と アメリカ の 関係。

イギリス と アメリカ の 関係の内容により、shiba-hirokazu.comが提供することを願っています。。 ShibaHirokazuのイギリス と アメリカ の 関係に関する情報を見てくれたことに心から感謝します。

47 thoughts on “【馬渕睦夫】アメリカがイギリスに逆らえない裏話【切り抜き/未来ネット】 | イギリス と アメリカ の 関係に関する情報の概要最も詳細な

  1. M M says:

    もっと昔に馬渕さんの話を聞きたかった!けどいまからでも遅くないと思います。

  2. cj says:

    ネトウヨしか見ない 
    可愛そう 
    口は災いの元良い年 
    見ざる言わざる、聞かざる 
    暇な認知性

  3. オトナノミカタch says:

    敵がわかってんだからやっちゃえばいいのに
    何人もの要人を殺してきたんだから

  4. tizmon says:

    間違い2つ。I番目。イギリスではなくシティー。そういう意味では10ダウニー街も米国壁街に逆らえないので同じ。2番目。悪魔と解っても我々に対抗手段はない。本当に彼等が怒った際に下される邪悪行為になす術などありません。米国大統領簡単に暗殺できる人々にどう対処するというのですか。いつもながらズレてます。

  5. YS35 says:

    イギリスに逆らえないのではなく、国際金融資本に逆らえないのではないですか?ブッシュ(子)大統領は、「おい、ブレア!」と言ってましたね。

  6. mic ae says:

    プーチンが核ボタンを押してしまうのではないかと騒がしているが
    ミスリードにも酷い話だ
    むしろ握っているのは悪魔の資本ではなかろうか
    奴隷達が急に目を覚ましたら
    彼らはこらえきれず、やってしまうだろう。

  7. 夕方カルテットYougotta says:

    イギリスというよりシティ・国際金融資本ですよね
    シティの中は貴族も自由に振る舞えないんだとか
    シティ怖っ((゚Д゚ll))!

  8. 古比塚忠真弥 says:

    現在ではアメリカとイギリス、どちらのディープステートが主権を握っているのでしょうか?私にはアメリカがイギリスを牛耳っているように見えてしまいます。

  9. 宮己 says:

    馬渕元大使のお話!何度も聞き直しています。
    今回のお話のなかにありました悪魔に付いてですが、仏法にも第六天の魔王と云われている最強の魔王が存在します。
    別名、他化自在天って云うそうです。
    言葉を聞くだけだと。悪魔は、自分から離れた処に居るような響きがします。
    第六天の魔王は、その別名からして自分の中にも存在します。
    でも、どちらも存在を知られ必ず撃ち破ってやると強く決意できた時に撃ち破れるのてす。
    その決意を持続させていかないとすぐ負けてしまいます。
    そして、持続させるため必要になるのが仲間です。
    一人になると弱いですね。

  10. MIYASAN1717 says:

    外国に忖度して事実を語らないメディア。。日本は腐ってしまっています。馬淵先生は素晴らしい切り口で真実を語って下さり気持ちがスカッと致します。爽やかなお話長く続けて頂きたいです。日本人の代表として。。宜しくお願い致します。

  11. おはぎ says:

    「悪魔だと見破られたらもうそこでダメなんです。」なるほどです。性善説と道徳と教えられただけでは、あまり疑わず良いカモになり、日本は狩場とみなされますね。怪しいなと感じたら、声を上げなければいけないと思いました。
    英国に対して、皇室の存在が大きな意味があると思う。

  12. のらくろ ヤナイ says:

    現地で、五感で感じた物
    接した情報、そして現在の状況。
    生の迫力が、有りますね。

  13. 佐藤栄 says:

    ヒトラーが戦っていたのはディープステートとコミュニスト 彼等は未だに世界征服を企んでいる

  14. おるおる says:

    そうだったのか。と信じる信じないは個人の自由。私は そうなんだろうなと言う感じ。 根本は 人が生きるという事 衣食住が必須。楽をして生きていくは 人の求める進化の最終形態。それを否定も出来ない。難しい。

  15. 福沢 浩章 says:

    真田さんの本にも有りましたが本当何だなと思った。国際金融は便利ですが、力を使い平気で人を殺しすぎているので残念。

  16. 超伝導ゼロス says:

    独立戦争は、イギリス本土とアメリカ大陸イギリス領との戦争でした。フランスなどがアメリカに味方して戦っており、アメリカは西欧諸国の共同経営の国家と言えるでしょう。イスラエル同様、アメリカは日本のようないわゆる普通の国家ではない。ユダヤ人はあとから影響力を拡大していった。イギリスの支配層の誰かが今でも米大統領の暗殺に関係するような立場であっても不思議ではないです。ニクソンの件は誰かが脱税調査を気に食わなかったからというのはありそうな話ですね。

  17. Sumiyuki Nagata says:

    やはりか!ブッチャの虐殺は2016年のドンバス同様にウクライナ軍の自演自作という事が公の機関で公開され始められています、日本政府はイラク戦争と同じく間違いを繰り返しています、及川さんの動画→https://youtu.be/jIStUH2XIdw !!

  18. 木村信次郎 says:

    国連での人種差別撤廃演説からのABCD包囲網、それを打破する為の欧米の植民地独立解放戦争に至り、余程日本が憎かったんでしょう必要の無い原爆投下による無差別殺戮、彼らの根本は変わらないし変わっていない、日本人は決して忘れてはなりません。

  19. 門田紋乃丞 says:

    ロンドンシティの話は、アングロサクソンミッションの動画に、まさに
    出てきた通りの話ですね。コロナも戦争も、すべてを前々から綿密に計画し、
    実行する連中。

  20. Hiroyuki K says:

    アメリカは株式会社。1871年にアメリカは株式会社になった。その大株主はヨーロッパの王族連中やバチカンやその他のエリート層。正確には誰が株主かはわからない。第18大統領のグラントがアメリカ共和国の最後の大統領で、その後の大統領は株式会社アメリカのCEO。アメリカでは株式会社は株主の物であるのは当たり前のこと。会社の社長は株主の意に反することはできない。アメリカがイギリスに逆らえないのはそういうことではないのか?だが株式会社アメリカは倒産したとされる。2021年の始めにアメリカの保守層がトランプは第19代アメリカ大統領になると言っていたが、そういうこと。株式会社アメリカは本当に倒産してアメリカは共和国に本当に戻ったかはよくわからない。

  21. 通貨発行益 says:

    ロンドン・シティーの大親分ロスチャイルドがイギリスもアメリカも支配してるから、アメリカ大統領はイギリスにいつもお伺いをかけているんですね。なんせ、ロスチャイルドはイギリス王室に金を貸しているくらいなの地位なのだから。
    英王室よりも大きな敷地、家に住むロスチャイルド家。
    国際社会を見えないところで支配するマフィア。
    戦争を煽る真の戦争犯罪人ロスチャイルド家。

  22. 0412azm says:

    林原ちゃんねるの了解を得ているのか、この際そんな野暮なことは抜きにして、馬渕さんのありがたい話が要点がまとまって聞ける一般向けチャンネルは歓迎すべきだろう。馬淵さんの話が拡がることが重要なのだから。
    なので今後もチャンネル主さんのアップロード活動に期待しております。

  23. T T says:

    しかしそうであるならば何故英国経済はここまで悪いのでしょうか…英国経済の発展の要であったディープマインドもアメリカ企業に買収され、イギリスのAI技術は骨抜きになってしまった。英国の友人がいますが階級や貧困の話題がよく出てイギリス人がアメリカ嫌いなのは経済力に嫉妬しているからだと言います。

  24. 漢方九錠 says:

    サムネ画像の「裏話し」はおかしな日本語。勉強し直して正しい日本語でYouTubeやられたし。

  25. 上田達也 says:

    都市伝説テラーの関さんも 全ての背後にはイギリスがついている と言っていたが
    もはや都市伝説が都市伝説ではないことがどんどん明るみに出てきている。
    信じる信じないより自分の意見を持ち、どちらにも与しない一段上の視点で俯瞰した方が
    正鵠を射ることができるかも。

  26. GOLD LION says:

    ロンドンシティ=ロスチャイルドは、闇の力を持っている?「嘘と暴力」
    一般庶民も真実を知って「腹黒い」連中を包囲しましょう。とても参考になりました。
    いま思うとトランプ氏は不屈の精神力で、桁外れに偉大な人だった。 今でも正義が勝つと信じています。

  27. oki na says:

    金のためには、手段を選ばない人類(外国人)が、はるか前からどんどん日本に入ってきています。それらには、政治家にも多数おられますよ。

    ガンの病気もないのに、国を挙げて、殺人治療している。

    それもはっきり言ったらどうなの!!

  28. 塩澤郁男 says:

    じじいもきずきました。。諸悪の根源ロスチャイルド家と言うものを。。諸悪の根源ロスチャイルド家とロックフェラーは滅びろ。。

  29. 安藤礼子 says:

    以前に、ウクライナ情勢についての馬淵元大使のお話を伺い、ロシア対ウクライナの対立が、複雑な歴史と利害関係を背景にしており、単純な善悪で判断できないものだと理解致しました。また、ウクライナ情勢に関しては、西側が一枚岩となって対応していない、欧州と英米とで、何か温度差があるように感じていたのですが、それは、両国と陸続きの関係にある欧州と海を挟んだ英米とでは危機感が異なるからだろうかと考えていましたが、今回のお話で、西側諸国のヒエラルキーの在り方が影響しているのだと感じました。パンデミックから戦争へと進む全体主義的の流れは、背後で英国が主導的な役割を果たしているのだと理解致しました。

  30. rock69dynamite says:

    配信、感謝します。
    つまり貴族を怒らせると気づかないうちに、つまり「忘れたころに」やられてしまうんですね。
    久々に故中川議員の氏に関してのまとめを見たところです。 期限の利益とよく法律家が言いますが、彼らの作りだした表現でしたね。
    また「知る」ことを「悪意」というわけも気づきました。 自分たちの正体に気付かれたくないのですね。

  31. 桜井雅実 says:

    何かいまいち分からないですな。林先生のような説得力に欠ける気がしますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です