記事のトピックは固体 の 溶解度を中心に展開します。 固体 の 溶解度について学んでいる場合は、この【高校化学】 物質の状態と平衡20 固体の溶解度 (11分)の記事でこの固体 の 溶解度についてShiba Hirokazuを探りましょう。

【高校化学】 物質の状態と平衡20 固体の溶解度 (11分)の固体 の 溶解度の関連ビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

このShiba Hirokazuウェブサイトを使用すると、固体 の 溶解度以外の情報を更新して、より便利な理解を得ることができます。 Shiba Hirokazuページで、私たちは常にユーザー向けに新しい正確なニュースを公開します、 あなたに最高の価値をもたらすことを願っています。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上に知識を追加することができます。

続きを見る  【高校化学】 化学反応の速さと平衡05 活性化エネルギー (8分) | 最も完全な知識をカバーしました活性 化 エネルギー グラフ

固体 の 溶解度に関連するコンテンツ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□[this summer only 🌻 free learning consultation]トライの個別指導は月額8,000円から! こんなお悩みはありませんか? ・個別指導に興味はあるけど、費用が気になる。・60分の授業に集中できない。・わからないことだけ質問したい。 ⚡ ▼ 学習相談のご予約はこちら / 即日相談可 ▼ ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□ +‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥ ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ + Tryは、家庭学習をサポートする無料動画教室「Try IT」を提供しています。 「Try IT」は非会員の方も無料でご利用いただけます。 試験対策や家庭学習の改善にお役立てください。 動画授業はこちら トライIT公式サイト +‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥+ 11分で学べる。 このクラスのポイントは、固体の溶解度を使用して、再結晶によって析出した結晶の質量を計算することです。 動画レッスンについては、[Start]⇒[This time’s point]⇒[Here is also important! ]⇒[Practice]⇒[Summary]. この授業以外でわからない単元があれば、下のURLをクリックしてください。 各ユニットの動画レッスンをまとめて視聴できます。 ■「高校化学」について質問がある方はこちら! ・高校化学 物質の状態 ・高校化学 気体の性質 ・高校化学 溶液の性質 ・高校化学 固体の構造 化学 化学平衡、高校化学 化学水溶液中の平衡、高校化学 元素と非金属元素の化合物、高校化学 元素と代表金属元素の化合物、高校化学 元素と遷移元素の化合物、高校化学 有機化合物の特徴と構造 高校化学炭化水素・高校化学 酸素を含む有機化合物・高校化学 芳香族化合物・高校化学 高分子化合物・高校化学 天然高分子化合物・高校化学 合成高分子化合物

続きを見る  【化学基礎】 物質の変化11 密度とモル濃度 (12分) | 密度 から 質量 パーセント 濃度に関連する一般情報最も詳細な

固体 の 溶解度のトピックに関連するいくつかの画像

【高校化学】 物質の状態と平衡20 固体の溶解度 (11分)
【高校化学】 物質の状態と平衡20 固体の溶解度 (11分)

読んでいる【高校化学】 物質の状態と平衡20 固体の溶解度 (11分)に関する情報を見つけることに加えて、Shiba Hirokazuが毎日下に投稿する他の情報を検索できます。

最新情報を表示するにはここをクリック

固体 の 溶解度に関連する提案

#高校化学物質の状態と平衡20固体の溶解度11分。

わからない,化学,五十嵐健悟,物質の状態と平衡,溶解度,計算,再結晶,求め方,公式,曲線。

【高校化学】 物質の状態と平衡20 固体の溶解度 (11分)。

固体 の 溶解度。

続きを見る  効率の悪い「やってはいけない勉強法」3選【科学的解説】 | 浸透 探傷 試験 レベル 2 過去 問に関する一般情報が最も完全です

固体 の 溶解度の知識を持って、Shiba Hirokazuが提供することを願っています。それがあなたにとって有用であることを期待して、より新しい情報と知識を持っていることを願っています。。 Shiba Hirokazuの固体 の 溶解度に関する情報をご覧いただきありがとうございます。

37 thoughts on “【高校化学】 物質の状態と平衡20 固体の溶解度 (11分) | 固体 の 溶解度に関する一般的な文書が最も完全です

  1. says:

    コレ見て理解したつもりでいたけど学校のワークが解き方違いすぎて絶望してる

  2. sora says:

    溶解度:溶媒100gに溶ける限界量(最大の量)

    [練習] ※自分の考えかた※

    硝酸カリウムは60℃の水100gに110g溶けるから、全体の量が(110+100)g、すなわち、210gになる。この溶液を40℃まで冷やした時に析出する量は、(110-64)g、すなわち、46g。

    →これは、210gの飽和水溶液を60℃から40℃に冷やした時に46g析出することを表す。

    ☆求めたいのは、飽和水溶液420gを60℃から40℃に冷やした時の析出量。

    よって、

    [飽和水溶液の量:析出量]=
    210:46=420:x
    1:46=2:x
    x=92

    したがって、答えは92g

    個人的には、こんなイメージで解くとやりやすかったです〇

  3. 勉強しか says:

    まず60℃硝酸カリウムと水の質量を求めてその水の量から40℃の硝酸カリウムの質量を求めて引けば出ますよ。この動画のように比例式を使えば出ますが少しわかりにくいなぁと思いました。ほかにも別解として下記に示しますが、水の量が分かっているので、硝酸カリウムが水100gの時に60℃から40℃の間に析出する量を求めて実際の水の量の時にどのくらい析出するか求める方法もあると思います。
    別解
    上の動画から水は200gある
    硝酸カリウムは水100gあるときに60℃から40℃のとき析出するのは
    110ー64=46g
    よって水200gあるからこの値の二倍の量が溶けることがわかる。よって
    46×2=92g  (200×46/100=92でもいいと思います。)

  4. 雪白 says:

    溶解度は100gの水に溶ける溶質の最大質量。
    硝酸カリウムは60℃で水100gに対して110g溶ける。
    だから溶液全体は100g+110g=210g
    (例︰100gの水を用意し、その中に塩化ナトリウムを入れていくと40gまで溶けた場合、溶解度40、溶液全体は100g+40g=140g)

    110/210gは1gの水溶液の硝酸カリウムの割合だと思ってもらえると分かりやすいと思います。
    1gの水溶液のうち硝酸カリウムは110/210g=0.523…g
    詳しく書くと、1g=0.523g(硝酸カリウム)+0.477g(水)というかんじで
    これが450g分あるから450をかける。

    よって、450×110/(100+110)になります。

    自分の中で1番わかりやすいと思った解釈の仕方ですが、よけいに混乱させてしまったらすみません。
    間違っていた場合はご指摘いただけると幸いです。

  5. キャンアイプー says:

    「tryさん 飽和水溶液」って調べてその動画見て、復習してから、この動画もう1回見たら分かりやすかった

  6. モリのクマさん says:

    よぉ↑んじゅどしー
    ろくじゅじょしー
    気になりだしたら集中できん🤣

  7. Magタク says:

    自分用
    比の式で求める
    420 : x = (100+110) : 110

    左辺が飽和水溶液について
    右辺が溶解度について

  8. says:

    溶質:溶媒
    =(110−x):100=64:100
    ↑60℃のとき110グラム溶ける硝酸カリウムは40℃でxグラム析出するからxは溶質にならないので引く

    64:100のとこは問題文の40℃のときの溶質:溶媒なので左辺と比較してる
    これ計算してx=46
    これが聞きたいのかわからんしこのコメントで説明してることくらい分かるわ!かもしれないけどやっとのことで理解した考え方です…

  9. 浅瀬秀樹 says:

    内容自体がわからんなら仕方ないけど途中計算わからんやつは小学生からやり直すべきでは…..

  10. ユーザー says:

    溶解度が60度で110
    水100gに110なので全体(溶液)220

    飽和水溶液:溶質 ₌ 220:110

    これを420の時は全体420のときは
    420:x で溶質がわかる。

    420の時の溶液は420×110/220

  11. マシュマロ says:

    全然分からなくてみんな理解してるのかと思ってコメント見にきたら同士がいっぱいで何か安心した

  12. U says:

    わかりくいと言っている方々に提案があります‼️
    公式に当てはめやすくするために、表を書いてみてはいかがでしょうか?

  13. 便意を感じてる人は登録すると収まる says:

    これ普通にわかりやすくね?コメ欄何があった

  14. ヴぁ。 says:

    最初の溶解平衡のところ、
    簡単に言うと
    「溶けてた物質が元に戻る」のと
    「物質が溶けて行く」のが
    等しくなって見かけ上 溶けなくなっているように見える
    これが溶解平衡って言うんや。

  15. ゆっかかかあ says:

    比間違ってないですよね?🥺
    最初の問題100のとこ110かと思ったんですけど……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です