この記事の内容は、イオン化 傾向 チタンについて明確にします。 イオン化 傾向 チタンに興味がある場合は、このステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのかの記事でShibaHirokazuを議論しましょう。

ステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのか更新のイオン化 傾向 チタンに関する関連情報の概要

下のビデオを今すぐ見る

このShibaHirokazu Webサイトを使用すると、イオン化 傾向 チタン以外の情報を追加して、より有用な理解を深めることができます。 Shiba Hirokazuページで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しい情報を投稿しています、 あなたのために最も詳細な価値を提供したいという願望を持って。 ユーザーが最も正確な方法でインターネット上の情報をキャプチャできるのを支援する。

トピックに関連するいくつかの情報イオン化 傾向 チタン

バイクや車のステンレスネジはホームセンターで簡単に手に入るからといって、ただ使うだけではいけません。 キャブを分解していたので、ネジの話が長くなりそうでした。 あえてそうしました。

続きを見る  布マスクを2000倍に拡大してウイルスが通るか実験してみた結果・・・【実験】science experiments | 最も関連性の高い情報の概要マスク 実験

イオン化 傾向 チタンに関する情報に関連するいくつかの画像

ステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのか
ステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのか

あなたが見ているステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのかに関するニュースを発見することに加えて、shiba-hirokazu.comが毎日下に投稿した詳細情報を読むことができます。

新しい情報を表示するにはここをクリック

一部のキーワードはイオン化 傾向 チタンに関連しています

#ステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのか。

バイク,車,ネジ,ステンレス,ボルト,チタン。

ステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのか。

イオン化 傾向 チタン。

イオン化 傾向 チタンについての情報を使用して、ShibaHirokazuがあなたがより多くの情報と新しい知識を持っているのを助けることを願っています。。 shiba-hirokazu.comのイオン化 傾向 チタンについてのコンテンツを読んでくれて心から感謝します。

続きを見る  塩酸に金属を入れてみると(小6理科) | 鉄 に 塩酸に関する情報を最も完全にカバーします

12 thoughts on “ステンレスのネジがバイクや車には何故少ないのか | イオン化 傾向 チタンに関する一般的な情報が最も正確です

  1. もひこ says:

    ロードバイクなどにはあまり関係ないのでしょうか?

    ボルトが錆びてきてたので、ステンレスのボルトに変えようと考えております。

  2. まさまさ says:

    はじめまして。
    以前からエンジン周りにステンレスのボルトが良くないと聞いていました。
    その理由がよく分かりました。
    ありがとうございます^_^
    今組んでるバイクのエンジンカバー類のボルトは黒塗りの鉄ボルトで統一しました。
    分からない事が動画で説明して頂けると勉強と共にためになります。
    これからもこのような動画宜しくお願いします^_^

  3. H GN says:

    所有のバイクのボルト関係、さびにくいステンレスのビス・ナットに交換しようと思っていましたが、ステンレスが使われてない理由が何かあるのかも?と少し疑問になり検索。素晴らしい動画に巡り合えました。 なるほど!理解できました。 見た目だけの問題でステンレスに交換せず良かったです。ありがとうございました。

  4. wataru kuriki says:

    試しにナンバープレート取り付けネジをステンに変えると一発で理解る。
    交換していくらも期間が経たないうちにネジ周辺から黒ずみが垂れて来る。

  5. Hiroya Koida says:

    コストの問題ではありません
    あまり知られていないですがステンレスは強度低いんですよ
    例外として本当に特殊なステンレスのネジだけ鉄と同等の強度があります
    特殊なステンレスで同等という

    ネジは伸びることによって縮む力が発生し締め付けを維持しています
    メーカーは強度を計算しネジが伸びることも考え設計し、ネジを選定しています
    もしステンレスにした場合強度が足りなくて大変なことになります

  6. HIROYUKIZひろゆきぜっと says:

    前は全てのボルトをステンレスにしてましたが今は純正が一番だなと思ってボルトカスタムはなるべくしないようにしています。もっとみなさんに知ってほしい動画です。

  7. ダイ3 N says:

    素晴らしい動画です。もっと広く知られて欲しい内容です。バイクをいじる楽しさもありますが、その前に材料知識、工具知識、工業力学など少しでも知識を深めてもらえれば整備トラブルもなくなりますよね。今後も動画を楽しみにしています(^_^)ゞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です