記事の情報は抵抗 アレイについて書くでしょう。 抵抗 アレイに興味がある場合は、このトランジスタの仕組みとは?の記事で抵抗 アレイについてShibaHirokazuを探りましょう。

トランジスタの仕組みとは?更新の抵抗 アレイに関連するビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

続きを見る  家庭教師と個別指導塾どっちがオススメ?家庭教師のバイト事情!|vol.016 | 関連するすべてのコンテンツ家庭 教師 おすすめ バイトが最も正確です

このshiba-hirokazu.com Webサイトでは、抵抗 アレイ以外の知識を更新して、あなた自身のためにより便利な理解を得ることができます。 WebサイトShiba Hirokazuでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なコンテンツを絶えず更新します、 最も完全な知識をあなたにもたらすことを願っています。 ユーザーがインターネット上の知識をできるだけ早く追加できる。

抵抗 アレイに関連するいくつかの内容

トランジスタの発明により、人類の文明は目覚ましい進歩を遂げました。 トランジスタは可動部品のないスイッチのようなもので、微弱な信号電流を増幅する力があります。 実際、増幅はトランジスタの基本的な機能の 1 つです。 私たちのサポーターまたは貢献者になりましょう: instagram : Twitter : Telegram : FB :

続きを見る  【力学的エネルギー保存則】高校物理 物理基礎 力学 仕事と力学的エネルギー⑥ 力学的エネルギー保存則 授業 | すべての知識はエネルギー 保存 の 法則 例に関する最も正確です

抵抗 アレイの内容に関連するいくつかの画像

トランジスタの仕組みとは?
トランジスタの仕組みとは?

あなたが探しているトランジスタの仕組みとは?について学ぶことに加えて、shiba-hirokazu.comが毎日下に公開している他の情報を調べることができます。

ニュースの詳細はこちら

一部のキーワードは抵抗 アレイに関連しています

#トランジスタの仕組みとは。

増幅効果もアリ,N型ドーピング,スイッチとして機能,シリコン,バイポーラトランジスタ,逆バイアス,順方向バイアス,ダイオードの仕組み,トランジスタの仕組み,トランジスタ,P型ドーピング。

トランジスタの仕組みとは?。

抵抗 アレイ。

抵抗 アレイの知識を持って、shiba-hirokazu.comが提供することを願っています。それがあなたに役立つことを望んで、より多くの情報と新しい知識を持っていることを願っています。。 shiba-hirokazu.comの抵抗 アレイに関する情報をご覧いただきありがとうございます。

続きを見る  物理 運動量と力積03 反発係数 | 反発 係数 求め 方に関連する内容の概要最も正確

28 thoughts on “トランジスタの仕組みとは? | 抵抗 アレイに関連する知識をカバーします新しい更新

  1. ムラサキガミ says:

    これを大学1年の時に見ておけば良かった。基礎固めは大事だと考えさせてくれる動画ですね。

  2. Yutaka Y says:

    スマホのプロセッサにはバイポーラトランジスタは使われてないと思うけどね…。

  3. Goわん狼リリィ says:

    なるほど。正常に流れている水流側の水を奪って本来なら流れないはずの方がオーバーフローしてドバーッと土石流を起こしてるって訳ね
    …この場合だと2つとも同じ電池(水源)とするとどちらか一方は早く傷んでどちらか一方が直ぐ消費するって事になりそうだけどそこは違う規格の電池を用いればいけそうね

  4. 紗花 says:

    5:48 電流が増幅?。1つ目の電力源はそもそも大きい電池なんだから、そりゃ大きな電流がながれますよね。1つ目の回路が電ただつながっただけじゃないの?どなたか教えて下さい。

  5. カデンツァ近藤 says:

    一定のラインを超えるとコレクタにも流れてこえなかったら流れないというスイッチになりベース電流を強めればコレクタ増幅もできるのはすごいと思いました

  6. Ia Ia says:

    昔大学で聞いたときは余り理解できずに暗記で終わってしました。今動画で見るとわかりやすく理解できます。
    youtubeは毒にもなりますが、上手く使いこなせる人にはいいツールになるのでしょうね。

  7. hoa says:

    #2:01 の誤りを訂正
    ここで「3つの価電子をもつリン」と述べられていますが、この場合3つの価電子をもつのはアルミニウムなどの13族元素となります。(リンは15族元素)

    #2:56
    ここでの「自然と移動していきます」のは何故かから、空乏層(動画では空乏領域)がどうやって発生するかの補足を説明してみます。
    このとき基本的に電子もホールもある程度自由に動きまわる状態になっています。
    (注意:ここでは基本的に電子やホールに一方的な力は加わっておらず、あくまでランダムに動いてます。さらに厳密に言うと「フィックの法則」により、電子またはホールは、たくさんある(=濃度が高い)方から少ない方に移動します。これは、水の中に砂糖の塊や牛乳の雫を入れたときに周りにどんどん広がるのと同じ原理となります)

    そのとき、p形からきたホールとn形から来た電子が偶然衝突するとお互いがくっつき(=価電子帯のホールに伝導帯の電子が"落っこちる。地面(価電子帯)に開いたくぼみ(ホール)にボール(電子)がハマるようなイメージ)ます。
    そうすると、もともとその電子をもっていたドナー(n形にするときに注入した原子のこと)はもともと電気的に中性だったのに、もともと存在していたマイナスの電気をもつ電子がなくなってしまったので、プラスに帯電します。
    逆に、もともと電気的に中性だったアクセプタ(p形にするときに注入した原子のこと)は、もともと持っていたホールに新しくマイナスの電気をもつ電子がはまりこんでしまったのでマイナスに帯電します。

    n形半導体とp形半導体をくっつけたまま放っておくと、この現象が進み、#3:08の帯電状態となります。
    このとき、プラスに帯電したもの(ドナー)はプラスの電気を退ける(マイナスの電気を引き付ける)電界を周りに発生させ、
    マイナスに帯電したもの(アクセプタ)はマイナスの電気を退ける(プラスの電気を引き付ける)電界を周りに発生させます。
    このときそれぞれの場所で発生している電界は、n形とp形の接合面に対して垂直の方向に発生しています。
    接合面に対して平行な帯状に並んでるドナー或いはアクセプタのあるの場所から外側に伸びているようなイメージです。
    ・プラスに帯電したドナーの電界(+:ドナー、→/← :ドナーが発生させている電界)
    ←←← + →→→

    ←←← + →→→

    ←←← + →→→

    ・マイナスに帯電したアクセプタの電界 (ー:アクセプタ、→/← :ドナーが発生させている電界)
    →→→ ー ←←←
    →→→ ー ←←←
    →→→ ー ←←←

    この二つの電界を隣り合わせると分かると思いますが、
    この2つの電界は、プラスに帯電したもの(ドナー)と
    マイナスに帯電したもの(アクセプタ)の
    間にある空間では、電界は同じ向きなので強め合っています。

    ←←←←←← ←← + →→→
    ←←←←←← ←← + →→→

    ←←←←←←←← + →→→
    ———————————————–(都合上ドナーとアクセプタを上下にずらして描いていますが、実際はズレずに重なっているのを想像してください)
    →→→ ー ←←←
    ←←←←←
    →→→ ー ←←←
    ←←←←←
    →→→ ー ←←←←←←←←

    ↑ ↑ ↑
    相殺 強め合う 相殺

    一方で、それ以外の場所ではお互いに相殺して電界は実質無くなります。
    上の二つが隣り合って
    結果として、電界はプラスに帯電したもの(ドナー)とマイナスに帯電したもの(アクセプタ)の間にのみ存在することとなります。

    結果として、プラスに帯電したもの(ドナー)とマイナスに帯電したもの(アクセプタ)の間にある空間(=空乏層)だけ、そこだけに、動画画面上では左向きの電界が生じ、
    それ以外の部分は電界は存在しません。
    そのため、空乏層の左側(p形側)にたくさんあるホール(プラスの電気をもつ:電界があると、電界と同じ方向に力を受ける)は空乏層に偶然突入したとしてもプラスの電気をもつために、電界と同じ左向きの力を受けて空乏層には入れません。
    逆に空乏層の右側(n形側)にたくさんある電子(マイナスの電気をもつ:電界があると、電界と逆の方向に力を受ける)は空乏層に偶然突入したとしてもマイナスの電気をもつために、電界と逆の右向きの力を受けて空乏層には入れません。

    こうして、電子やホールが入り込めない場所=空乏層が生じます。

  8. 工事が要らない孫正義の大戦犯ソフトバンクWi-Fiソリューションエアー解約金下痢下痢コンセント says:

    なるほどわからん

  9. 足立博 says:

    とても分かりやすい説明を有難うございました。60年前,一生懸命専門書を読み漁った頃を思い出しました。当時こんなサイトがあったなら苦労しなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です