この記事の情報はプラス マイナス 計算を中心に展開します。 プラス マイナス 計算に興味がある場合は、このマイナス×マイナス=プラスの理由を超わかりやすく解説!負✕負=正の謎がスッキリ解決!【超わかる!中学数学】~正の数と負の数の記事でShiba Hirokazuを議論しましょう。

目次

マイナス×マイナス=プラスの理由を超わかりやすく解説!負✕負=正の謎がスッキリ解決!【超わかる!中学数学】~正の数と負の数のプラス マイナス 計算の関連ビデオの概要更新

下のビデオを今すぐ見る

このshiba-hirokazu.comウェブサイトを使用すると、プラス マイナス 計算以外の他の情報を追加して、より価値のある理解を深めることができます。 WebサイトShiba Hirokazuでは、ユーザーのために毎日新しい正確な情報を継続的に投稿しています、 あなたのために最も完全な知識を提供したいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上のニュースを最も完全な方法で把握できる。

プラス マイナス 計算に関連する情報

マイナス×マイナス=プラスの理由を超分かりやすく解説! ネガティブ✕ネガティブ=ポジティブ 謎解きクリア! 見たい方はこちら」[Tricks]受験に使える中学・高校数学のテクニックを「はじめから☆」[Click here for the previous video! ]「チャンネル登録」はこちら! ☆「ツイッター」はこちら! ☆ ※動画やチャンネルでいただいた素敵なコメントは、動画の最後で紹介する場合があります! 「東京大学、京都大学、東京工業大学、一橋大学、旧帝国大学、早稲田大学、医学部合格者」が出ました! 「トップグレード」「全国偏差値70以上」が続々登場! 実績のある唯一の YouTube チャンネルです。 難関大学合格に欠かせない重要問題だけを「圧倒的丁寧・コンパクト」に解説! チャンネル登録者からの激励の声多数! 大手予備校で500人以上の生徒をマンツーマンで教えてきたプロ講師の「独創性」と「情熱」の世界があなたを夢中にさせます! 今すぐ始めましょう!

続きを見る  【数学】中3-26 二次方程式③(解の公式編) | 最も関連性の高いコンテンツの概要因数 分解 解 の 公式

プラス マイナス 計算のトピックに関連するいくつかの写真

マイナス×マイナス=プラスの理由を超わかりやすく解説!負✕負=正の謎がスッキリ解決!【超わかる!中学数学】~正の数と負の数
マイナス×マイナス=プラスの理由を超わかりやすく解説!負✕負=正の謎がスッキリ解決!【超わかる!中学数学】~正の数と負の数

読んでいるマイナス×マイナス=プラスの理由を超わかりやすく解説!負✕負=正の謎がスッキリ解決!【超わかる!中学数学】~正の数と負の数についてのコンテンツを読むことに加えて、ShibaHirokazuを継続的に公開する他の記事を調べることができます。

今すぐもっと見る

プラス マイナス 計算に関連するキーワード

#マイナスマイナスプラスの理由を超わかりやすく解説負負正の謎がスッキリ解決超わかる中学数学正の数と負の数。

マイナス×マイナス,負×負,マイナスかけるマイナス,証明,分かりやすい,わかりやすい,解説,説明,マイナスかけるマイナスはプラス,なぜ,マイナス×マイナス=プラス,マイナス掛けるマイナス,マイナスかけるマイナスはなぜプラス,マイナスかけるマイナスがプラスになる理由,正,理由,超わかる,中学数学。

マイナス×マイナス=プラスの理由を超わかりやすく解説!負✕負=正の謎がスッキリ解決!【超わかる!中学数学】~正の数と負の数。

プラス マイナス 計算。

プラス マイナス 計算の知識がshiba-hirokazu.com更新されることで、より新しい情報と知識が得られるのに役立つことを願っています。。 shiba-hirokazu.comのプラス マイナス 計算の内容をご覧いただきありがとうございます。

続きを見る  対数目盛の設定方法(Excel2007の場合) | 最も完全なドキュメントの概要エクセル 対数 グラフ

35 thoughts on “マイナス×マイナス=プラスの理由を超わかりやすく解説!負✕負=正の謎がスッキリ解決!【超わかる!中学数学】~正の数と負の数 | プラス マイナス 計算の最も正確な知識の要約

  1. 超わかる!授業動画 says:

    中学生諸君!マイナス×マイナスがなぜプラスになるのか「わかりやすく」人に説明できるかな?
    きっとこの説明をすれば、「なるほど!」となってくれるはず!
    数学に限らず、分かることが増えると、楽しくなるかもね!

    『正負の掛け算・割り算』の授業動画はこちらからどうぞ!
    https://youtu.be/9Wm_o3b0qEY

  2. ゲシュタルト says:

    演算子の数と対応してるっていうの、結構素敵な考え方だと思う。

  3. Yuki says:

    視覚的に見たらマイナス2のカードが3枚減ったことで結果、残った数字は減らす前よりプラス6になっていますが、”-2×ー3=+6”この式の答えがプラスの値になる意味の説明にはなっていないように感じます。
    もっとよく分かる説明はありませんか?

  4. こう見えて縄文と弥生のハーフ says:

    めっちゃムカつく先輩(-)が街のヤンキー(-)にぼこぼこに殴られていて嬉しい(+)。

  5. ghsobo says:

    初めてですが中学時代から疑問持っていました。高校時代は加法定理から導けますが、キチンと説明するのはハードル高いです。
    そのため0とは何か1とは何かから始まって負数の説明、数学で言う単位元、逆元、結合法則、交換法則使って説明します。自明なものほど説明が難しくなります。

  6. GoooNakayama presents [ Fly high, say "what?" ] says:

    文系の頭で理解すると「負荷をかける要素」が「どれだけ取り除かれたか」を表す文章が「マイナスxマイナス」になるわけですね。
    応用すると、「サッシのレールを濡れ拭きしたら、窓枠の滑りがちょっと良くなった」
    「さらに洗剤をつけてこすったら、もっと滑らかに開けたてが出来るようになった」
    というようになる。
    しかしこれ、時系列に沿った変化で考えるときには有効だけど、
    左岸と右岸を「=」でつないで相似であることを説明する文脈ではややこしくなるなあ。
    「サッシのレールを掃除して得られた可動性と、窓枠のコマに油をさし、回転を良くして得られた可動性は同等である」ということか。
    しかしこれ、サッシのレール掃除とコマの注油と両方とも黙ってやれば済むハナシだよなーw

    数学というのは、現実世界に見られるたくさんの要素が重なった多次元的な情報を極限まで切り詰めた、
    抽象的なゲームなのかもしれないですね。。
    現実的な課題を、数学のブラックボックスの中に入れ、変化させて別な形で取り出す。
    電子レンジの中で起こっている調理の過程に手出しはできない。だから方程式のルールを自然のルールに照らし合わせようとするのは間違っているかもしれない。なんかそういう理解になりました。

  7. Aya Sato says:

    勉強嫌いの娘と一緒に視聴しました。悲しいね★でふたりで爆笑し説明が聞こえず何度も視聴しました。娘のプラスマイナスの理解が進み勉強もはかどりました。ありがとうございます★

  8. しんしん says:

    マイナスーとマイナスーの棒が2本交わると+になる、って教わったのは記憶違いかな〜?
    算数も数学も苦手だけれど、こういわれたからこれだけはすんなり理解できたんだ。

  9. TT枝桜 says:

    このカードの例についてですが、得点カードを無くすのは失点カードを得るということと等しいという操作を考えます。(簡単に示せるはず…)
    逆に失点カードを無くすことは、得点カードを得るということになります。
    以上より、
    得点カードを無くして、その失点カードを無くしたことは、結局得点カードが最初あった状況と見分けがつかないことから、負×負=正というふうに言える。
    つまらない説明になってしまいましたが、どうでしょうか?

  10. 山川海空 says:

    互いにピストルを構えた2人を想定したときに、自分から見た相手はマイナスだが、相手からみた自分もマイナスなので、どちらがプラスとは言えない。自分の援護が増えたら自分からはプラスだが相手からはマイナスになる。相手の援護が増えたら相手からはプラスだが自分からはマイナスになる。相手のチームが2倍になるということは自分のチームからみたら-2倍になることなので-2✕-2=-4となる。自分のチームが2倍になるということは相手のチームからみたら-2倍になるということなので-2✕-2=-4となる。そして観戦者からみて、どちらがプラスかマイナスかは甲乙つけ難いのである。n✕-m=-nm -n✕m=nm

  11. ユーロヒ1747 says:

    マイナス×マイナスが+の証明で-(-2)が+の前提で計算しちゃダメじゃん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です