この記事では、常 微分 方程式 一般 解に関する明確な情報を提供します。 常 微分 方程式 一般 解に興味がある場合は、ShibaHirokazuに行って、この常微分方程式の解法【微分方程式】の記事で常 微分 方程式 一般 解を分析しましょう。

常微分方程式の解法【微分方程式】の常 微分 方程式 一般 解の関連ビデオを要約する

下のビデオを今すぐ見る

続きを見る  【連立方程式】小数を含む計算の解き方をイチから解説! | 関連するコンテンツの概要連立 方程式 小数新しいアップデート

このWebサイトShibaHirokazuでは、常 微分 方程式 一般 解以外の他の情報を追加して、より価値のある理解を深めることができます。 shiba-hirokazu.comページでは、ユーザー向けに毎日新しい正確なニュースを常に投稿しています、 最も完全な知識をあなたにもたらすことを願っています。 ユーザーが最も詳細な方法でインターネット上に情報を追加できます。

いくつかの説明はトピックに関連しています常 微分 方程式 一般 解

timetable 1:02 変数分離形式 2:06 変数分離形式 (例) 3:34 同次形式 4:21 同次形式 (例) 6:32 1 次線形微分方程式 11:50 1 次線形微分方程式 (例) 16 :03 係数が一定の 2 次線形微分方程式 19:20 係数が一定の 2 次線形微分方程式 (例) 24:12 ベルヌーイ形式 24:58 ベルヌーイ形式 (例) 27:50 オイラーの微分方程式 28:58 オイラーの微分方程式方程式 (例) 35:01 次数の縮約 (i) 35:54 次数の縮約 (i) (例) 38:16 次数の縮約 (ii) 定数係数の 2 次線形微分方程式とオイラーの微分方程式 解の求め方について説明します「未定係数法」による。 「明日のテストで成績を残してほしい!」 例の多くは、過去の試験問題を使用しています。[Recommended books]・大学院入試問題 海老原円、太田正人 [著] (大学院入試数学の問題集としてもおすすめ) ・物理数学の練習をしよう~これでマスター! [著]

続きを見る  積分基本公式 | 最も完全な不定 積分 公式ドキュメントの概要

・工学部で数学がわかる千葉隼人 [著] [Related videos](私が使用している部分統合法と置換統合法)[Mathematics]部分積分法 →[Mathematics]順列積分(無置換法)→[twitter]Twitterでフォローしてください! チャンネルページの概要欄をご参照ください。 高評価、チャンネル登録していただけるととても励みになります!

常 微分 方程式 一般 解の内容に関連する画像

常微分方程式の解法【微分方程式】

あなたが読んでいる常微分方程式の解法【微分方程式】に関するニュースを読むことに加えて、shiba-hirokazu.comを毎日下に投稿する詳細情報を読むことができます。

詳細を表示するにはここをクリック

続きを見る  チャート2b 100 わからない。 | 関連するコンテンツをカバー青 チャート 解説 わからない

一部のキーワードは常 微分 方程式 一般 解に関連しています

#常微分方程式の解法微分方程式。

微分方程式,常微分方程式,数学,大学数学,ヨビノリ,物理数学,解析学,理系京大院生の勉強チャンネル,変数分離形,ベルヌーイ,ベルヌーイ形,同次形,階数の引き下げ,1階線形微分方程式,2階線形微分方程式,オイラーの微分方程式,定期試験,期末試験,物理,化学,生物,科学,たくみ,東大,京大,東工大,東大院,京大院,東工大院,大学院,予備校,受験,院試,資格,数検,数学検定,三角関数,ガリレオ,ドラゴン堀江,微分。

常微分方程式の解法【微分方程式】。

常 微分 方程式 一般 解。

常 微分 方程式 一般 解についての情報を使用して、shiba-hirokazu.comが提供することで、より多くの情報と新しい知識があり、それがあなたに役立つことを期待していることを願っています。。 shiba-hirokazu.comの常 微分 方程式 一般 解についての記事を読んでくれて心から感謝します。

21 thoughts on “常微分方程式の解法【微分方程式】 | 常 微分 方程式 一般 解に関する情報の概要が最も正確です

  1. 物理向上委員会 says:

    〜訂正と質問への回答〜
    [訂正]
    29:10~ y'=dy/dx=dy/dt・dt/dy と書いていますが、正しくはy'=dy/dx=dy/dt・dt/dx です。

    [質問と回答]
    ・「logの絶対値は必要ないのか」
    →必要ないと考えています。詳しくはこちらのページをご参照ください。

    Re: 微分方程式 開いてて良かった! 提示版
    https://6321.teacup.com/phaos/bbs/144
    yahoo知恵袋の似ている質問
    https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10169564615?__ysp=5b6u5YiG5pa556iL5byPIOe1tuWvvuWApA%3D%3D

    ・①変数分離形の例題では、一般式の中のg(y)はg(y)=1という風に、たまたま定数だったと捉えればいいのでしょうか?
    →そのように考えて頂いても大丈夫ですが、変数分離形というのはその名の通り、変数x, yを分離できる場合(それを一般的に表すとdy/dx=f(x)g(y))ということなので、ときには公式にあまり囚われ過ぎないで、感覚としては、x, yが(右辺と左辺に)分離できていれば積分できる!という感じでしょうか。

    ・この動画で説明したもの全て常微分方程式ですか??院試に向けて勉強しているのですが常微分方程式の範囲がいまいちわかっていないので。。
    →この動画で説明しているのは全て常微分方程式です.
    未知関数とその導関数からなる等式で定義されるのが微分方程式なんですが, その中でも未知関数がただ一つの変数を持つときに常微分方程式といいます.
    例えば, @からの変数分離形の微分方程式の例題の場合には,
    未知関数yとその導関数dy/dx からなる等式となっていまして, 未知関数yはただ一つの変数xを持ちますので常微分方程式となっています.
    微分方程式は常微分方程式, 偏微分方程式のどちらかに属しますので, ざっくり, 方程式の中に偏微分が入っていなければ常微分方程式であると考えて頂いても大丈夫です.

    ・「41:00辺りからなのですが、どうしてz'=dz/dxなのでしょうか?z'=dz/dyかと思ってしまったのですが… 教えていただきたいです。」
    →例えば, 5:00あたりの同次形のところで出てくるdy/dxの計算は積の微分を使って計算を行なっていますが, これはzというのが,
    z=y(x)/x ←yはxの関数なのでy(x)と表記しているだけです
    なので, つまりzはxの関数z(x)ということでそのように計算をしていますが, これと同様にして, 41:00あたりの部分では,
    z=y'(x)/y(x)
    と置いていますが, 結局のところzはxの関数なので, その微分z'(x)というのはxで微分することを考えていて(自分の頭の中でそう定義していると言った方が良いかもしれません), 39:50~あたりで
    z'(x)={y''y-(y')^2}/y^2
    というように分数の微分を使って計算を行なっているのも, z(x)=y'(x)/y(x)をxで微分しているからであって, z(x)=y'(x)/y(x)をyで微分しているわけではありません.
    ということで, z'=dz/dxとなっています.

    ・オイラーの微分方程式の二階微分の項の変形をする際に
    y"=(d^2y)/dx^2
       = d^2y/dt^2 ・ (dt)^2/dx^2
       =d^2y/dt^2 ・ (dt/dx)^2
    と変形するのは間違いでしょうか?
    →その変形は間違っていまして, というのもy''と(y')^2は等価ではありません(d^2(t)/dx^2→(dt/dx)^2に関する部分について).
    例えばy=x^2+4という式があったときに, y'=2x, y''=2となりますが,
    y''=2と(y')^2=4x^2となっていて, 一般的にその二つの値は等価ではないです.

    23:38~ の話で特殊解にxやx^2を掛けるとうまくいく場合があるとのことですが, どのように使い分ければ良いでしょうか?
    →使い分けについては単純でして, まず, 特殊解は一般解に含まれない形で予想する必要があります(専門的な言葉で厳密に表現すると, 特殊解は一般解と一次独立である必要があります). 
    なので例えば, 31:51では一般解がy=C_1*exp(2t)+C_2*exp(-4t)となって, その後, 特殊解をy=A*exp(2t)と置いていますが, この特殊解は一般解のC_1*exp(2t)に含まれますから特殊解の形として相応しくないです. よって特殊解としては, y=A*t*exp(2t)を用意して計算します. 動画内では, (4A+4A-8A)*exp(2t)=exp(2t)という計算をしてAが求まらない, というように説明していますが, 実際はそんな確認をする必要はありません.

    3:03の計算がよく分かりません
    →∫{1/(x^2+2x)}dx=(1/2)*∫[(1/x)-{1/(x+2)}]dx
    のように計算している部分については, 部分分数分解と呼ばれるもので, 元の分数の分母の掛け算を無くし, 分数の引き算で表すことで積分が計算できるということになっています.
    動画内で端折っている計算を書きますと,
    ∫{1/(x^2+2x)}dx
    =∫[1/{x(x+2)}]dx
    =(1/2)*∫[(1/x)-{1/(x+2)}]dx
    となります.
    部分分数分解についてはこちらのサイトをご参考ください,
    @t
    (追加質問)つじつま合わせで2分の1をかけるとはどういう事ですか?
    →部分分数分解をするときに, 分母を因数分解などして掛け算の形にした後に, 単純にそのまま分解させて引き算をした結果が, 元の分数が表せている場合というのは少ないんです.
    例えば,
    1/{x(x+1)} ①
    というような分数を部分分数分解するのであれば, 単純に
    =1/x-{1/(x+1)} ②
    とすれば良いです.
    実際に②の分数を通分して計算すれば,
    (x+1-x)/{x(x+1)}
    というような計算になりますので, この分数の分子の計算をしますと,
    x+1-x=1
    となっていまして, 結局②の分数は元の①の分数と同値であることが確認できます.
    しかし, 動画内で扱っているようにただ単純に引き算をするだけでは元の分数と同値とならないものがほとんどでして,
    1/{x(x+2)} ③
    というものを単純に分解して引き算をしますと,
    (1/x)-{1/(x+2)} ④
    となりまして, 通分しますと,
    (x+2-x)/{x(x+2)}
    =2/{x(x+2)}
    となりまして, 元の分数の2倍となっています. なので辻褄を合わせて④式を2分の1倍しておけば, 元の分数③と同値となりますので等号(=)で式を結べます.

    ・2ndの同次形の解をxの関数とみなして星に代入すれば、一般解が出るっていう理由がわからない。
    →どのレベルで疑問を持たれているのかいまいち把握できませんが, 一般解が出る理由は簡潔にいうと, それで(2ndの同次形の解をxの関数とみなして星に代入すれば)上手くいくからです.
    上手くいくというのは, @ぐらいに一般的な場合で示しているように, 同次形の解の定数をxの関数とみなすことでC(x)p(x)exp(-∫p(x)dx)の部分が必ず打ち消し合われるという部分です.
    一般的な話ですと少し分かりにくいと思うので, 具体的にその後の例題の方で話しを進めますと, @のあたりがそうなってますよね. 打ち消しあうことによって, この例題におけるA(x)がA(x)=x^2*logx-1/2x^2+C'と求まるのは大丈夫ですよね. その求まったA(x)をxで割ったA(x)/xは例題の微分方程式x*dy/dx+y=2xlogxを満たします(つまり微分方程式の解となっています). なぜなら, そもそもy=A(x)/xというのを微分方程式に代入しているからです.
    他にも細かい話をするとキリがないですが, ざっくりいうと一般解が出る理由はこのような感じです.

    ・五藤先生の教え子ですか?
    →具体例あげましょうか〜?

  2. shinu yan says:

    コメント失礼します。43.34のところに分母の計算結果はAじゃなくて、2Aだよね

  3. Ryo. K says:

    めちゃめちゃ詳しくまとめられていて非常に助かります😭わかりやすいです😭

    一つ質問なのですが、オイラーの微分方程式の最後、yをtの関数で求めて、最後にx=e^tを使ってyをxの関数に書き直す必要はないのでしょうか⁇

  4. 腹痛いマン says:

    すごい、、。
    神動画に出会えました、ありがとうございます。
    要点がわかりやすかったです

  5. 東海太郎 says:

    ①変数分離形の例題では、一般式の中のg(y)はg(y)=1という風に、たまたま定数だったと捉えればいいのでしょうか?
    初歩的な質問ですみません💦

  6. 暇人の成長記録 says:

    タイムテーブルもガッツリと書いてあるのが神すぎた。
    説明も分かり易すぎてワロス。

  7. Ohuto君 says:

    2ndの同次形の解をxの関数とみなして星に代入すれば、一般解が出るっていう理由がわからない。

  8. 496 PN says:

    高2です。
    去年の夏頃に一度拝見させて頂いたのですが、数検の対策用として再び動画を見させてもらいました。難なく理解でき非常に助かりましたので、主さんには感謝しております。
    有難うございました^^

  9. R R says:

    この動画で説明したもの全て常微分方程式ですか??
    院試に向けて勉強しているのですが常微分方程式の範囲がいまいちわかっていないので。。。

  10. ももの太郎 says:

    大学の先生よりものすごくわかりやすいです。
    ありがとうございます。

  11. やまけん says:

    オイラーの微分方程式の最後の一般解は t を x に変換したほうがいいですか?

  12. -Official- Moviemaker says:

    微分方程式勉強してたときに微分演算子が理解できなかったので微分演算子,逆演算子についての動画が見たいです

  13. DOUGLAS DAIKON says:

    些細なことですがlogの中身に絶対値をとるのを忘れています…
    そんなことはさておき字が好みです

  14. ジャッカルライジング says:

    わかりやすい説明ありがとうございます。
    種類がいっぱいあって覚えるまでに時間がかかりそうですね、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です