この記事は、そのコンテンツで君主 制 メリットについて明確にされています。 君主 制 メリットについて学んでいる場合は、この英エコノミスト誌、皇位継承を報道。なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」の記事でこの君主 制 メリットについてshiba-hirokazu.comを探りましょう。

英エコノミスト誌、皇位継承を報道。なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」の君主 制 メリットに関連する一般情報

下のビデオを今すぐ見る

続きを見る  SPI初級問題1-19計算問題・計算の順番〜SPI3,WEBテスト対策講座〜 | すべての知識は一般 常識 計算 問題 無料に関する最も正確です

このShiba Hirokazuウェブサイトでは、君主 制 メリット以外の知識を追加して、より価値のある理解を深めることができます。 ウェブサイトshiba-hirokazu.comで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しい情報を更新します、 あなたに最も完全な価値をもたらしたいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上のニュースをできるだけ早くキャプチャできるのを支援する。

君主 制 メリットに関連するいくつかの情報

▼地政学者奥山真司の「アメリカ通信」/THE STANDARD JOURNAL▼ このチャンネルは、現代の日本人に決定的かつ致命的に欠けている国際(政治・経済)情勢における「地政学」と「リアリズム」についてのチャンネルです。 洗練された多面的で分かりやすく素晴らしい方法で「宣伝」の三感を身につけるためのチャンネルです。 ★ニコニコ生放送は毎週火曜21:00スタート。 番組全体をご覧になりたい方はこちら→( )をクリックしてください。 チャンネルの有料会員になると、

続きを見る  太陽電池アレイテスターのデモ・その1 | 関連するドキュメント太陽 電池 アレイ新しい更新について説明しました

君主 制 メリットに関する情報に関連する画像

英エコノミスト誌、皇位継承を報道。なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」
英エコノミスト誌、皇位継承を報道。なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」

あなたが見ている英エコノミスト誌、皇位継承を報道。なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」に関するニュースを見つけることに加えて、ShibaHirokazuが継続的に下に投稿したより多くの記事を検索することができます。

詳細はこちら

一部のキーワードは君主 制 メリットに関連しています

#英エコノミスト誌皇位継承を報道なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか奥山真司の地政学アメリカ通信。

奥山真司,地政学,リアリズム,国際政治,戦略学,プロパガンダ,UC-auJhWla6MpfOFNdEOmAPA,和田憲治,オンザボード,エコノミスト誌,譲位,君主制,共和制,天皇,平成,令和。

英エコノミスト誌、皇位継承を報道。なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」。

君主 制 メリット。

続きを見る  【文学作品の作者文豪名一問一答】日本の有名な小説・随筆・歌集全75冊/聞き流し | 文学 史 作者 作品 覚え 方に関連する一般的な内容

君主 制 メリットの知識を持って、ShibaHirokazuが提供することを願っています。それがあなたにとって有用であることを期待して、より多くの情報と新しい知識を持っていることを願っています。。 shiba-hirokazu.comの君主 制 メリットについての知識をご覧いただきありがとうございます。

39 thoughts on “英エコノミスト誌、皇位継承を報道。なぜ君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?|奥山真司の地政学「アメリカ通信」 | 関連するドキュメント君主 制 メリット新しい更新について説明しました

  1. リック石丸 says:

    合理的とは、今の人間が見て合理的かの様に思っているだけで、たいして合理的ではない。
    、、、と思いました。

  2. gohanda Panda says:

    民主的人事の方が合理性があるって言ったって、その合理性も一歩踏み込めばどうなのよ。選ばれるべきなのは優れた人?相応しい人?力のある人? そもそも優れた人って何なのか?相応しい才能のパラメータは正解なの? 投票の時点で決めちゃって未来予測はどうなのよ。・・・・てな感じで本当に合理的かどうか怪しいじゃないですか。より合理的が最も正解に近いかどうかは別問題だと思います。
    君主の存在はそれ自体が継続への意思の現れですから、分裂の危機の時には統合の方に作用するのは当然と思います。

  3. 首藤靖男 says:

    君主制でも専制君主だと権威と権力が独占されて君主の能力に左右される。権威と権力を分離した状態であれば均衡を保てて安定する。
    三権分立と同じで支配者の独断に陥りやすさを牽制する機能もある。

  4. 1972nowhereman says:

    内容に則して申し上げると、権力を伴わない君主って国民統合の装置として確かに有効ですよね。でも現代では普遍的と考えられている「人権」の視点で考えると王家メンバー個々には葛藤があるし、「問題児」も排除できないから、必ずしも安定的ではない。あと、サウジなどの中東に多いけど、決して「君主が権力を持たないことが現代では支配的」ではない、と思います。ので、「君主制は共和制度より民主的」ってちょっと言い過ぎかな~と。

  5. 1972nowhereman says:

    3:01 奥山さんへ:サモアは独立以来「Head of State」制で、王制ではないです。具体的には、国家元首が亡くなると、原則として4つの名家系の血筋の中から国家元首にふさわしい人物を国会が選出します。エコノミスト誌の間違いかもしれませんけど、訂正しておきますね。

  6. レッドバロン says:

    「宇宙の戦士」と並んで人気アニメ「機動戦士ガンダム」のネタ元にもなったSF小説「月は無慈悲な夜の女王」(どちらもアメリカ人小説家のロバート・A・ハインライン原作)にこんなセリフがありましたね

    「ちょっと待てよ、スチュ、君は民主主義者だから君主制支持者だというのかい?」

    「もちろんさ。王様というものは圧制政治に対して唯一の民衆を守るものなんだ・・・特に暴政のうちの最悪なるもの、民衆自身に対してね。
    (以下略)」(早川文庫「月は無慈悲な夜の女王」・矢野徹訳)

    王室を否定した国家の住民であるアメリカ人に皇室・王室制支持者がいるのは意外だなぁ・・と思った覚えがありました

  7. 田中達朗 says:

    ルーマニアは故ミハイ一世陛下がルーマニア王冠の守護者の称号を生前贈られて国家の代表としての立場を確立され、薨去後は国葬に付されてその称号が次代に受け継がれているという意味で、事実上王制は復活していますね。

  8. 鈴の音ちりん猫 says:

    フリーマン・ダイソンが半世紀前に述べたこと。文化の継承には、生物学のクローンとクレードに該当する2種類のタイプがある。単一交配と異種交配です。君主制は伝統文化を保存するのにふさわしく、大統領制は新しい文化を創出するのに長けています。日米戦争の原因のひとつは、立憲君主制と大統領制の戦いでした。ちなみにもうひとつの戦いは、カトリックとプロテスタントの戦いでした。法王が戦犯のためのミサを開いたのも、日本とともに宗教戦争で敗戦したからです。上皇の教育係はクエーカー教徒のエリザベス・バイニングさんになりました。上皇と内なる光というテーマで、論文を書くことも可能ではないかと。話がそれましたが、ダイソンが主張したもうひとつのテーマは、多様性と画一化、文明のエントロピーの関係です。交通や通信が発達すると、地球上の多様な文明は、必然的にエントロピーの法則によって画一化されてゆく。今後もっとも重要なテーマは、多様性をいかに保存してゆくかという問題になる。で、善悪の観念が裏返しになります。ナショナリズムは多様性を保存するという意味で、善になります。

  9. 永尾啓介 says:

    国家を成立させる最も強力な要素は、実は“物語”とか“レジェンド”だと思う。若い国ほどこだわっているし、ろくなものがない国は必死になってでっち上げようとしてるし。それが信憑性があろうが無かろうが、生きたレジェンドであり物語である皇室を、リベラルの名のもとにみすみす破壊する手はないよね。

  10. oo o says:

    『合理性』と『不合理性』で分けるとわからなくなりますよ。
     『身体性』と『環境性』で分けるとよいです。これを英語で言うと『リアリティ(実感)』と『リアリズム(世界認識)』となります(文学論)。
     生きる事は『実感(リアリティ)』です。が、それを可能にするには世界に適応しなければなりません。その認識が『リアリズム』です。
     生きること、すなわちリアリティは、合理でなくて、実存そのもの(そのように存在している)ですが、生きるためには現実の世界を認識していゆく必要があります。
     だから、
     君主というリアリティの周囲を、合理的で固めてゆく、立憲君主制は、むしろ極めて現実的であり、もっといえばヒューマニズムに沿っていると思います。

  11. ヒロヒロリン says:

    皮肉じゃなく事実として、
    独裁も国内的には安定性高いよ。
    経済的発展性が有るとは限らないが。

  12. saku saku says:

    奥山氏は竹田恒泰氏の『天皇はただの象徴に堕ちたのか』を読んで、天皇の役割、日本という国のかたちをもう少し理解されるといいかも。

  13. ベテルギウスタウ says:

    中心は不合理でいいのよ、
    合理主義ってのは、今の中国で囚人の死体がもったいないからと臓器売買や石鹸作るようなことでしょ。
    合理性だけで社会を組み上げれば、AI・ターミネーターの世界が来るのが早まるだけ、後は、
    エントロピーに従ってブラックホールに飲み込まれてイタシカタナシ、サヨナラ。

  14. nakajima says:

    続いてるってことは良いことの証明
    政治が「権力を奪い合うもの」「分断させるもの」って深いな~

  15. no name says:

    英国人も矛盾を感じてたのは新鮮な発見。あと、奥山さんの論に賛成です。合理性を求めた結果、また違う種類の弊害が出て来る気がする。殺伐とするかもしれない。今の形が合理性の結果であるとも言えるかもしれないけど。そして結局のところ、壊したとしても0から始めの無限ループに陥る予感。ヒューマンネイチャー的な。

  16. saku saku says:

    奥山さん、平成天皇はおくりなです。絶対使ってはダメ。不敬罪で逮捕です。
    BBCは日本の女性レポーターが、譲位のことを報道したとき、
    新天皇の一人娘に皇位継承権がない。
    天皇を継ぐのは男性だけと憲法に明記した。男性しかこの家系を守れないと伝統主義者は言う。第二次大戦後、別の法律で天皇になれる家系を一つに決めた。等、この左翼レポーターは男女差別を前提に父系で継承している一番大事なことを全く解説せず、とんでもトンチンカンなことを言っていたそうです。
    和田さん、竹田先生がCNNでこの男系継承のことでインタビューされたこと知ってますか?しかし、番組は、どうして愛子さまが天皇になれないのか不思議です。みたいな感じで終わったそうです。海外メディアは父系の血筋が二千年続いているということが凄すぎて理解出来ないのでしょうね。

  17. 岡田展昌 says:

    明治国家体制は近代化として官位勲爵制度(爵は世襲、位階は終身)など英国の模倣と影響は受けましたが、それは天皇陛下の権威を地上の権威に例え可視化と視覚効果を持って世界中に理解しやすくしたもので大礼服(フルグランドコート)の採用等飽くまで欧州の王室の模倣と同化が目的でありませんしまた比較が適切ではないですね、世界中の王室がサヴルロウのディージアンドスキナーなどで英国の大礼服を仕立てなければ民族衣装だけでは権威が視覚化しないようです。日本の歴史の古さからすれば普通の事なんでしょうけど。

  18. 椎茸 says:

    周辺の共和制国家を見た上で言うと
    権威と権力はそれぞれ別個の存在としてあったほうがうまくいく面はありますね
    君主制の復活が盛んになれば日本の旧皇族の皇籍復帰に対する国民の抵抗感は薄れるかな(個人的には抵抗感はないのですが)

  19. 吉村和夫 says:

    この動画が760再生で・・ゲーム実況が1万越えって・・日本って大丈夫?

  20. fallout yajoo says:

    人間の理性とか合理性って奴が言われてる程大したもんじゃないだろ。そもそもそういった人定主義的態度を避けてきたのが人類だろ。祖先の叡智に謙虚に付き従う方が良い。誰かの考えた最強の理論なんてろくなもんじゃない。

  21. 紅葉 says:

    冒頭、譲位問題と仰っていますが、譲位は問題なんですか。言葉尻を捉えるつもりはないのですが、なんのためらいも無く譲位問題と表現するのが気になります。

     また、すでに弱い君主制は消滅について、ダーウィン的とのコメントですが、どこがダーウィン的なのでしょうか。弱肉強食のことを言っていますか?又は発案者はダーウィンではないですが、適者生存のことを言っていますか。どちらもすでに弱い君主制云々とは意味合いが違います。どうイマジネーションを働かせてもダーウィンと結びつきません。教えてください。

     更に、英国王室がドイツからとのことですが、イングランド王室はノルマン朝で北欧のバイキングから派生したのではなかったでしょうか。

     不合理なものを合理で固めるとはどういう意味でしょうか。まさか天皇が不合理と言っているのではないですよね。伝統が不合理なんですか。よくわかりません。

     失礼ながら地政学的にどうかという評論に特化してはいかがでしょうか。当方が期待するのはそれです。

  22. 樹樹ひーらわ says:

    Q.君主制は共和制に比べて安定度が高いのか?
    A.社会(民族性)が安定してるから王族が処刑されてない。
    だと思うかな。

    国民がキレやすいからフランス人は王族をギロチンに架けたし、いまだに自己主張激しくデモ・ストライキを頻繁に行ってる。
    ロシアは世情不安定なのにソレを軽視して皇帝が最前線で戦争して、レーニンの台頭を許してる。
    大体治世に満足してるなら王様殺さないよ。

  23. Saussi Kawaguchi says:

    議会が意見の対立から国が割れる危険性がある所を、君主がいる事で国家のまとまりを分かりやすく見せる事が出来るという事でしょうか

  24. くわだけんいち says:

    21世紀の世界では。大国同志の戦争があり得ない構造になり、勢力争いは隣接国の内戦への介入により、推進される情勢になっている訳で。ロシアのクリミア侵攻、中国の南シナ海離島制圧。隣接国の内政の一方に介入して、相手国政府の要請により軍事介入する形で、軍事力を行使する形になっている。つまり内戦耐性こそ基本的な国防力だと言うこと。言い換えると天皇の下での国民の団結力こそ。

  25. 357 SIG says:

    陛下の御公務を差配する権限に酔っている宮内庁職員をどうにかしないと今上天皇の激務は残念ながら変わりませんよ

  26. Burning Southern Cross says:

    非合理的な存在として日本のように権力をもたない皇室があるというのは却って望ましいと思います。
    ローマ法王のような宗教的側面もありますし。
    選挙で勝利しただけの煽動政治家のエゴを皇室という文化的・宗教的権威によって牽制できるというのは社会の重要な側面でしょう。
    民主制の問題点は衆愚政治への脆弱性で、三権分立だけではとても牽制しきれないと思います。

  27. moto _arch_mage says:

    ①権威
    ②正統性
    ③能力

    君主は①を持ち、議会が③によって選ばれ、議会によって選ばれた政府に君主が②を与える。
    昔からある、普通の話。
    必ずしも万国で通用したり、行えるものでもない。
    (アメリカ合衆国では、建国の背景から考えても不可能)

    しかし、なぜ今更この話題?

  28. csny 0627 says:

    欧州の王室は欧州の王族同士の結婚がルールであり、出自のクラスが異なる結婚は認められなかった。それゆえ、ロマノフ朝がいい例だが、最後の皇帝ニコライ2世はロシア人というよりむしろドイツ系の血の方が濃い血統だよね。これでは権威もへったくれもないわけだ。エカテリーナ女帝は100%ドイツ人だ。UKも敵国に身内がいっぱいいるのに気が付いて、100年前に法改正している。

  29. moneyfighter says:

    文化人類学者のルース・ベネディクトが有名な「菊と刀」で、
    日本の天皇は太平洋諸島においてときどき見られる神聖首長(Sacred Chief)に似ている、と指摘している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です