虫眼鏡は、実験室でかなり一般的で見やすい器具です。物理プログラム 9 では、拡大鏡の使用についても学びましたが、その構造と使用法をすべての人が明確に覚えているわけではありません。この記事では、最も詳細な拡大鏡の概念、構造、使用法、および画像作成について が学習するのに役立ちます。

拡大鏡とは何ですか?物理 9 レッスン 50

拡大鏡とは何ですか? (写真:インターネットコレクション)

拡大鏡 (フランス語でルーペと呼ばれる) は収束レンズで、画像を拡大するためによく使用されます。簡単に言えば、拡大鏡は焦点距離の短い収束レンズです。

拡大鏡の定義を理解しやすくするために、収束レンズと焦点距離の概念を思い出してください。

収束レンズは透明な色のレンズで、エッジは中心部分よりも薄くなります。収束レンズは、2 つの球によって制限されます。レンズのレンズの1つは平らで、もう1つは凸面になります。

収束レンズの焦点距離は、焦点 F からレンズの光学中心 O までの距離であり、それらを f で表します。

続きを見る  【セリア】コレがあれば安心! USB延長ケーブル | usb 延長 100 均に関連する情報の概要

虫眼鏡の特徴

小さな物体を拡大鏡に通すと虚像ができ、物体よりも大きくなります。この錯覚は私たちの目には完全に見えます。

各虫眼鏡には、個別の倍数 (G) があり、2x、3x、5x、8x、10x などの数字で示されます。

注意すべきことの 1 つは、倍数が大きい拡大鏡の場合、画像が大きくなる (焦点距離が短くなる) ことです。

拡大鏡を通して私たちの目に見える画像は、直接観察したときに得られる画像よりも何倍大きいかを示します。

虫眼鏡の倍数を計算するには、次の式を使用します: G = 25/f

虫眼鏡の構造

ルーペはかなりシンプルな構造で見やすいです。

  • 収束レンズで構成され、外側に保護フレームがあり、画像を増幅するために使用されるハンドルまたはベースがあります。
  • ルーペの通常の直径は、通常、数センチから数十センチです。
  • 拡大鏡の保護フレームは、さまざまな素材でできています。
  • ハンドルまたはベースに関しては、それぞれの用途によって異なります。

例えば、複雑すぎない細部を確認する目的で使用するために、拡大鏡はハンドルによってコンパクトでシンプルになります。

対照的に、より洗練された詳細では、複雑なパラメーターで調整されたメガネを使用する必要があります。

続きを見る  【レビュー】百円ショップ「ダイソー」のUSB Type Cアクセサリ各種をテスト! | 最も正確な知識の概要usb type c 変換 アダプタ 100 均

拡大鏡の使用

拡大鏡の使用。 (写真: Canva.com)

現在、適切な状況で使用できるさまざまな種類の拡大鏡があります。したがって、その用途もますます多様化しています。

虫眼鏡の主な用途のいくつかは、物体を観察したり、小さな文字を読んだり、警察業界で犯罪者の小さな痕跡を調査したりするために使用されることとして挙げることができます…

上記の主な用途に加えて、拡大鏡は次のようなさまざまな目的にも使用されます。

  • 時計やカメラの修理

  • 繊維産業における生地構造のチェック

  • 考古学で使用され、あらゆる種類の骨董品を研究するために使用されます

  • ナットなどの機械産業で使用される製品の詳細を確認するために使用されます…

  • 電子部品の修理、電子基板のテストなどの分野で使用されます…

  • 医療、美容、歯科などで使用されています…

  • 宝石店で宝石をテストするために使用されます…

虫眼鏡の使い方

次に、虫眼鏡で観察する方法について学びます。これは、ほとんどの人が知っているように見えますが、実際には誰もが説明できるわけではありません。

概念で説明したように、拡大鏡の動作原理は、観察対象と同じ側で、ガラスの後ろに錯覚を作成することです。

虫眼鏡を通して物を見る方法

通常、最適な方法で観察できるように、オブジェクトとガラスの間の距離がガラスの焦点距離よりも短くなるように、レンズをオブジェクトの近くに配置します。

* 拡大鏡の動作原理を理解するための詳細:

  • レンズの固定点である収束レンズの中心の点は、光心と呼ばれます。

  • 物体からの光がガラスを通過して収束する場所を焦点と呼びます。

  • 光学中心から焦点までの距離を焦点距離と呼びます。

虫眼鏡画像作成プロセス

物体の像が拡大鏡を通過するとき、収束レンズの焦点は、光の波長が収束して私たちの目に伝播する場所になりますが、それは物体の実際の像ではありません. ただの仮想画像。

続きを見る  数学ⅠA3章3話 単位円 | サイン コサイン タンジェント 円に関連する情報の概要

錯覚は、ユーザーが観察できるようにすぐ焦点範囲でキャプチャされます。

一般的な虫眼鏡の種類

ハンドル付き拡大鏡は、今日最も一般的に使用され、選択されているツールです。さらに、各人のニーズに適したさまざまな種類の拡大鏡があります。

手持ち拡大鏡(ライトなしまたはライト付き):これは、コンパクトなサイズで持ち運びが簡単なため、最も一般的に使用されている拡大鏡です。

手持ちの拡大鏡。 (写真:インターネットコレクション)

ヘッドマウント拡大鏡: ヘッドマウント拡大鏡は、ユーザーが持つのが不便な場合によく使用されます。

頭の虫眼鏡。 (写真:インターネットコレクション)

ライト付きアイルーペ:通常、1 つの目と 2 つの目の形で設計されており、このメガネを使用すると、ユーザーが必要に応じて拡大レベルをカスタマイズできます。

ライト付きの目の拡大鏡。 (写真:インターネットコレクション)

拡大鏡読書本、小さな文字: 高齢者が本を読むことができるようにするためによく使用されます。

虫眼鏡読書本。 (写真:インターネットコレクション)

電子機器修理用拡大鏡:

虫眼鏡を修理します。 (写真:インターネットコレクション)

衣料産業用の布製拡大鏡:

ファブリック拡大鏡。 (写真:インターネットコレクション)

ジュエリーや宝石用の虫眼鏡:

ジュエリーやダイヤモンド用の虫眼鏡。 (写真:インターネットコレクション)

デスクトップルーペ、デスククランプ:

デスクトップ拡大鏡。 (写真:インターネットコレクション)

結論

上記の記事では、物理プログラム 9 で学習した虫眼鏡の概念と、虫眼鏡の構造と使用方法をまとめました。この記事を通じて、それらを理解し、日常生活に適用できることを願っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です