この記事の情報では銅 と 希 硝酸 化学 反応 式について説明します。 銅 と 希 硝酸 化学 反応 式を探している場合は、ShibaHirokazuこの銅の酸化還元反応の化学反応式(銅と熱濃硫酸、銅と希硝酸、銅と濃硝酸)【化学反応式の王道】記事で銅 と 希 硝酸 化学 反応 式について学びましょう。

目次

銅の酸化還元反応の化学反応式(銅と熱濃硫酸、銅と希硝酸、銅と濃硝酸)【化学反応式の王道】の銅 と 希 硝酸 化学 反応 式に関する関連ビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

このShiba Hirokazu Webサイトでは、銅 と 希 硝酸 化学 反応 式以外の他の情報を追加して、より価値のあるデータを自分で提供できます。 ウェブサイトShiba Hirokazuで、私たちはあなたのために毎日毎日常に新しい情報を公開します、 あなたに最高の価値をもたらしたいという願望を持って。 ユーザーがインターネット上のニュースを最も完全な方法で把握できる。

続きを見る  【高校化学】高分子III①「α-アミノ酸の性質、等電点の意味」【有機化学#29】 | 酸性 アミノ酸 等 電 点に関連する内容の概要最も詳細な

銅 と 希 硝酸 化学 反応 式に関連するいくつかの情報

字幕等でリニューアルしました→こちらからご覧ください。 酸化還元反応の化学反応式の作り方の解説 → 金属のイオン化傾向の解説 → 銀の酸化還元反応の化学反応式の解説はこちら → 硫黄と窒素の酸化還元反応における生成物の解説 →王道」の解説ページ → この動画の原稿はこちらです。不明な点があればコメントしてください。 ホームページでは教科別、単元別に説明動画をまとめていますので、こちらをご覧ください → 「大学入学への王道」大学入試に関するあらゆる知識や情報をまとめています。まだまだ作りたい動画や書きたい記事がたくさんありますので、応援していただけると幸いです。高評価!

銅 と 希 硝酸 化学 反応 式の内容に関連するいくつかの写真

銅の酸化還元反応の化学反応式(銅と熱濃硫酸、銅と希硝酸、銅と濃硝酸)【化学反応式の王道】
銅の酸化還元反応の化学反応式(銅と熱濃硫酸、銅と希硝酸、銅と濃硝酸)【化学反応式の王道】

読んでいる銅の酸化還元反応の化学反応式(銅と熱濃硫酸、銅と希硝酸、銅と濃硝酸)【化学反応式の王道】に関する情報の追跡に加えて、ShibaHirokazuを毎日下に投稿する他の情報を調べることができます。

続きを見る  【理由も理解で確実に!】原子、イオンの大きさの比較を徹底解説!(原子半径、イオン半径)〔現役塾腰解説、高校化学、化学基礎〕 | 原子 半径 周期 表に関連する一般的な知識が最も正確です

最新情報を表示するにはここをクリック

銅 と 希 硝酸 化学 反応 式に関連するキーワード

#銅の酸化還元反応の化学反応式銅と熱濃硫酸銅と希硝酸銅と濃硝酸化学反応式の王道。

大学受験,授業,解説,化学,酸化還元反応,銅。

銅の酸化還元反応の化学反応式(銅と熱濃硫酸、銅と希硝酸、銅と濃硝酸)【化学反応式の王道】。

銅 と 希 硝酸 化学 反応 式。

銅 と 希 硝酸 化学 反応 式についての情報を使用して、ShibaHirokazuが提供することで、より多くの情報と新しい知識があり、それがあなたに役立つことを期待していることを願っています。。 shiba-hirokazu.comによる銅 と 希 硝酸 化学 反応 式に関する記事をご覧いただきありがとうございます。

5 thoughts on “銅の酸化還元反応の化学反応式(銅と熱濃硫酸、銅と希硝酸、銅と濃硝酸)【化学反応式の王道】 | 関連するすべての情報銅 と 希 硝酸 化学 反応 式

  1. なめこま says:

    とても分かりやすい解説ありがとうございます!
    2つ質問なんですが、
    例えば銅と熱濃硫酸の酸化還元反応の式、
    Cu+2H2SO4→CuSO4+2H2O+SO2
    このときの酸化剤、還元剤は何か答えよ、という問題のとき、右辺にSが2つ出てきていて、SO2の中のS酸化数は+4になっているとわかるんですが、CuSO4のSの酸化数は左辺と同じく6のままで、ん?????となっていました、この動画を見てから考えてみると、これは右辺のSO2の起源がH2SO4+2H+2e→2H2O+SO2という半反応式から生まれたもので、CuSO4のSはあくまで辻褄合わせのためにCu2+に付け足したSO4の一部なので、酸化数が6のままなのは当たり前なのか…?という考えに至りました、この納得の仕方で合ってるでしょうか?

    また、例えばH2O2+2H+ +2Fe2+→2H2O+Fe3+という反応において、
    酸化数を調べてみると、酸化数が増えている、つまり酸化してるのはFe、還元されているのはOのみで、Hの酸化数はずっと+1のままですよね。
    なのに何故H2O2が還元剤、と言われるのかがよくわかりません。酸化剤はあくまでOという原子のみではないんでですか?

    どうしてもこういう細かい部分のわからないの連続で、化学の勉強とても難しいです(泣)特に酸化還元反応のこの疑問はずっと心の中にしこりとして残り続けているので、答えていただけると本当にありがたいです

  2. いつも笑顔 says:

    ③で水素イオンは濃硝酸からきているとはどういうことですか?🙇‍♂️🙇‍♂️

  3. まさき says:

    今まで「参考書を何度も見るうちに自然と覚えられるだろう」という認識だったのですが、作り方を理解できると暗記量が減り、試験での記述に自信が出ました!ありがとうございます。

  4. ショ says:

    なぜイオン化傾向が大きいと酸化還元反応を起こすことが出来るのですか?
    そこの関係だけよくわからなかったのでもう少し詳しく教えて欲しいです。
    また、酸化力のある硝酸になぜPtやAuは反応せず、王水は反応出来るのでしょうか?そこの差も教えていただきたいです。

    質問が多くなってしまいすみません💦
    神解説動画をありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です