記事のトピックは因数 分解 機について書きます。 因数 分解 機について学んでいる場合は、ShibaHirokazuこの26次式の因数分解の記事で因数 分解 機を分析してみましょう。

26次式の因数分解更新の因数 分解 機に関連するビデオの概要

下のビデオを今すぐ見る

このShiba Hirokazu Webサイトを使用すると、因数 分解 機以外の他の情報を追加して、より有用な理解を深めることができます。 Shiba Hirokazuページで、私たちは常に毎日新しい正確なニュースを更新します、 あなたに最も完全な知識を提供したいと思っています。 ユーザーが最も正確な方法でインターネットに思考を追加できるのを支援する。

因数 分解 機に関連するいくつかの情報

厳選200問 ワンクリックで詳しい解説や解説動画にジャンプ → 厳選50問Vol.3 → 中学生の知識で数学脳を鍛えよう! 8つのアプローチで論理的思考力を養う Bluebacks『大学入試数学不朽の100「大人の算数力テスト」』 この一冊で高校数学の基礎の90%が学べる『中学知識』 オイラーの公式が理解できる。 」 オイラーの公式Tシャツ、パスワードは「カンタロウ」です。 大学別、分野別の過去の動画は、当サイトからお問い合わせください。自然対数 e ネイピア数は東大卒で早稲田中退の美女の数 #数学 #高校数学 #大学入試

続きを見る  【高校数学】 数Ⅱ-19 不等式の証明① | 不等式 の 証明 等 号 成立に関連する最も正確な知識の概要

因数 分解 機の内容に関連する写真

26次式の因数分解
26次式の因数分解

学習している26次式の因数分解に関する情報を発見することに加えて、ShibaHirokazuを毎日下の公開する他の記事を調べることができます。

新しい情報を表示するにはここをクリック

因数 分解 機に関連する提案

#26次式の因数分解。

[vid_tags]。

26次式の因数分解。

因数 分解 機。

因数 分解 機のコンテンツがShibaHirokazu更新されることで、より多くの情報と新しい知識があることを支援することを願っています。。 Shiba Hirokazuの因数 分解 機についての記事に協力してくれて心から感謝します。

続きを見る  〔高校数学〕正四面体(垂線の足が重心になる理由)-オンライン無料塾「ターンナップ」- | 正 四面 体 垂線に関するコンテンツを最も詳細にカバーする

33 thoughts on “26次式の因数分解 | 関連するすべてのコンテンツ因数 分解 機が更新されました

  1. デューク says:

    あえて必要ないものを付け足して、他の部分を楽に計算して、最後にそれをまた取り除くって言うのが、なんか床に洗剤巻いて洗剤ごと拭き取って掃除してるみたいで気持ちいい

  2. vacuumcarexpo says:

    ヨシッ❗

    「どこまで」因数分解するのか明記しておかないと、因数分解警察が出ますよ(笑)。

    複素数まで認めるなら1次式26個、実数範囲なら、cosを使えば、共役解を2つまとめて2次式13個に因数分解出来る。

    前にspoonさんの嫌いな河野玄斗が、数検の問題か何かで、cosを使えば実数係数で更に因数分解出来るのに、それが正解じゃなくて問題になった問題の解説動画を出していましたが、それと同じ事が起きますね。

    サムネにもその辺書いてないので、「どこまで」やるか悩み所ですが、26個じゃあ問題として面白くないし、半分の13個でも面白くない。恐らく、有理数係数範囲でやるのだろうと判断。

    26個から順に減らしていく方向で考えてみたが、13個より先、cosがキレイに消える方法が思い付かず。

    しょーがないから、「素直に」動画と同じく、x-1を掛けてやった。このやり方の問題は、「これ以上出来ない」判定をどうするか?だ。ナントカカントカの判定法とか使うんだろうか?

    よく分からないので、多分これでOK、という判定でやめる。結果は動画と同じ。でも、しっくり来ないねぇ。ここでやめてもいい証拠がないからね。

  3. 石川洋臣 says:

    新年はネットへ脱皮テレビから

     27から、なぜ立方の公式が浮かばなかったんだろう。一日の終わりに思うばかり。どうも、ありがとうございました。
     年末から、300あまり、たまっていたメールをようやく片付けて、ひと息ついています。

  4. smb2019 spoon-me-baby says:

    x^4+1=(x^2+√2x+1)(x^2-√2x+1)みたいな、有理数係数上だったら既約だけど実数係数上では規約でないようなカテゴリーの多項式もあるので、この手の問題はデリケートなんだよなぁ…。

  5. かずまなぶ says:

    掛けたくなりました。

    因数分解と掛けまして、マンションと解きます。

    その心は、各戸(括弧)が集合しています。

    …ん?そっちじゃない?😅

  6. かずまなぶ says:

    アイゼンシュタインの既約判定法を考えると、整数係数では因数分解できないですね。
    ●(x+1)^18+(x+1)^9+1

    =x^18+18x^17+153x^16+816x^15+3060x^14+8568x^13+18564x^12+31824x^11+43758x^10+48621x^9+43767x^8+31860x^7+18648x^6+8694x^5+3186x^4+900x^3+189x^2+27x+3

    ●(x+1)^6+(x+1)^3+1

    =x^6+6x^5+15x^4+21x^3+18x^2+9x+3

  7. 山本俊治 says:

    与式=(𝑥²+𝑥+1)(𝑥²⁴+𝑥²¹+𝑥¹⁹+・・・+𝑥³+1)
    𝑥³=𝑡 と置くと
    =(𝑥²+𝑥+1)(𝑡⁸+𝑡⁷+𝑡⁶+・・・+𝑡²+𝑡+1)
    =(𝑥²+𝑥+1)(𝑡⁶(𝑡²+𝑡+1)+𝑡³(𝑡²+𝑡+1)+(𝑡²+𝑡+1))
    =(𝑥²+𝑥+1)(𝑡⁶+𝑡³+1)(𝑡²+𝑡+1) 𝑡=𝑥³ に戻して
    =(𝑥²+𝑥+1)(𝑥⁶+𝑥³+1)(𝑥¹⁸+𝑥⁹+1)

    でやってみました。
    本日も勉強になりました。ありがとうございました。

  8. バナな says:

    x^6+x^3+1の既約判定は
    xをx+1に変えて展開すると、5次から1次の係数が3の倍数で、定数項が3なので、アイゼンシュタインの既約判定法から既約、これ以上Q上因数分解できないということが分かりますね。
    同じ方法でx^18+x^9+1の既約判定もできそうです。

  9. にしけん says:

    x-αが因数にないのは容易に判るので,普通に(?)因数分解できないのは明らか.
    以前に慶応大学だったか,似たような問題をアップされていましたね.あの問題は前後の2つに分けてしましたが,これは3項ずつまとめてやりました.
    x^27 の処理が面倒になったのですが,(x^9)の3乗でしたのね💦

  10. pc3taro says:

    コメント抹消対策を講じるため、当面簡素な記述といたします。

    noteのメンバーシップ・有料マガジン等については過去動画のコメント欄を参照して下さい。

    くどいようではありますが、因数分解の際にはどの数の範囲で因数分解するのかを明示する方が無難だと思います。
    明示がない場合は「整数の範囲で因数分解せよ。」の意味であるという暗黙の了解がなくもないわけですが、
    そうはいってもやはり明示した方が無難ではないかと思います。

    x-1 をかけずとも、くくりだしで処理する方針で対処できました。
    昨年度の慶應大学の問題(1+x+x^2+x^3+x^4+x^5 を整数の範囲で因数分解せよ。)の類題だと思います。

  11. K T says:

    既に同じようなコメントされてる方もいますが,例えば,根として

    cos(2π/9) ± i * sin(2π/9)

    が存在することを考えると

    これらを足して2cos(2π/9),掛けて1なので

    x^2 – 2cos(2π/7)x + 1

    という2次式の根になるので,実数体まで広げるとまだまだ因数分解できますね

    有理数体までなら動画の答えで終わりで,実数体ならこんな感じでまだまだ因数がありますね。

  12. のんちんかん says:

    同じようにやりました。遠い昔の学生時代できたかな?と思います。今日も仕事気持ちよくできそうです。
    ありがとうございました。

  13. み冬最愛°moa° says:

    入力が面倒なので偏角だけを度数法で表すことで
    (問題の多項式)=0
    の解を示すけど、(例えば 120° とあれば、x=cos(120°)+isin(120°) と考えてください。)

    x^2+x+1=0 ..(1)
    これは有名なので、120°, 240° 。

    x^6+x^3+1=0 ..(2)
    (1) の解で 120° 刻みの 0° がオミットされていることに気をつけると、(2) の解は x^3=y として3乗して偏角が 120° か 240° になるもの。
    40°, 160°, 280°,
    80°, 200°, 320° 。

    x^18+x^9+1=0 ..(3)
    (2) と同様にして、9乗して偏角が 120° か 240° になるもの。分数になるので大変だけど
    ((40+120(n-1))/3)°,
    ((80+120(n-1))/3)°
    ただし n は9までの正の整数。

    これで合計26個。
    こんなことしなくても円周 27等分で簡単に偏角出るけど、「それぞれの因数=0」でできる方程式の解が何を指すのか確認したかっただけ〜。

  14. 油滓発酵鶏糞苦土石灰 says:

    模範解答が話題の数検問題?

    有理数係数なら
    П[n=0,2]((x^(3^n)^2+(x^(3^n)+1)
    実数係数なら
    П[n=1,13](x^2-2cos(2nπ/27)x+1)
    複素数係数なら
    П[n=1,26](x-exp(2nπi/27))

  15. yamachanhangyo says:

    休日の朝になんという問題w

    開口一番、『等比数列の和』と聞いたとたんにx-1を掛けたくなりました🤣🤣

    このパターンの問題は久しぶりなので、”まさか”と思いつつの視聴でしたが、貫太郎チャンネル名物?『何かを掛けたくなる』は健在でした。
    面白かったです。

  16. teke teke says:

    おはようございます。因数分解の問題は、分解の単位を実数係数の最小単位までにするのか、有理数系の最小単位までにするのか、取り敢えず分解さえしていればよいのか、指定が明確でないと悩みますね。
    本文は「分解の単位を有利数係数の最小単位」として解きましたが。。

  17. ほう砲 says:

    かけたくならないのは人としてどうかと思う、と駿台の先生なら言いそうですね笑

  18. 自由律俳句とかいう無法地帯 says:

    最後の波線部は、実数係数, 有理数係数の範囲ではこれ以上因数分解できない?

  19. sanmao says:

    ∑のn=0からkまでの(xのn乗)=(xの0乗)+(xの1乗)+(xの2乗)+…+(xのk乗)
    上記が恒等式であるためには、0の0乗=1を認めねばならない。
    (編集追加)二項定理の∑表記も同様。

  20. K T says:

    一般的なnへの拡張を考えた時に
    「有理数体の範囲で因数分解した時,得られる因数の数はn + 1の約数の個数から1を引いた数」
    ってことで良いのかな?🤔
    仮にそうだとして,どう証明すれば良いでしょうか?🤔

  21. 鉢かづき says:

    おはようございます。

    如何にも怪しそうな、26(半素数)という次数…。
    いや、ここでは "半素数" というのは燻製のニシンで、"あれ"-1であることがカギなのですね。

  22. み冬最愛°moa° says:

    結果はわかっていたからすぐ解けたけど、別に「かけたく」ならなくても解けるでしょ。
    因数分解なんて公式か組み合わせか降冪の順に整理か(その他省略)するのが基本で、全部の項数から3つずつ組み合わせればできそうだと気づいて、最初の
    1+x+x^2
    でくくってやると
    (1+x+x^2)(1+x^3+x^6+…+x^24)
    後半の括弧の中も同じように最初の3項で…と、応用させることに気づけば、難しいことわかってなくても解けます。

  23. K T says:

    計算過程自体は同じでしたが,得られた結果の意味合いとしては
    与式が明らかに1を除く1の27乗根全てを根に持つので
    それはすなわち,1の原始3乗根と原始9乗根と原始27乗根全ての和集合で
    これらを根に持つ多項式の積になって然るべきってところでしょうか🤔

  24. しいたけヨーグルトン says:

    項数が27個なので3個単位、9個単位で括った数の倍数になっていることに気づけば等比数列の和の公式を知らなくても解けますね。

  25. ちゅ。 says:

    同じですね。かけたくなりました。
    それ以上因数分解できないことは、円分多項式の因数の個数を考えれば良いかと思いました。

  26. 中村吉郎 says:

    「解くコツは 見方考え 変えてみる」 貫太郎先生解説ありがとうございました。

  27. 助手 博士 says:

    もう流石にみえてきたぜx-1かけるの、いやーもうねかけなきゃ気分が悪いねノドイガイガすっぺ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です